ページTop

受賞食品一覧

イメージ

新技術開発部門(2018)
農林水産大臣賞

幸家の冷凍ごまどうふ

都道府県:福井県 吉田郡
受賞会社名:有限会社 幸伸食品

【特 徴】

通常の冷凍ごまどうふは、物性が大きく変わり食感が悪くなってしまいますが、この冷凍ごまどうふは特殊な冷凍技術により誰でも簡単に解凍でき、本格的なごまどうふが作り立ての味で楽しめます。噛む力が弱い高齢者から健常者まで美味しく食べられ、必要な分だけ解凍すればロスなく経済的です。

イメージ

新製品開発部門(2018)
農林水産大臣賞 

八戸サバ缶バー

都道府県:青森県 八戸市
受賞会社名:株式会社 マルヌシ

【特 徴】

(津軽海峡の塩・ゆずこしょう・グリーンカレー・アヒージョ・トムヤムクン・ハバネロ)
秋に水揚げされ、脂乗り抜群の八戸前沖さばを使用した缶詰シリーズです。味は、津軽海峡の塩、ゆずこしょう、グリーンカレー、アヒージョ、トムヤムクン、ハバネロの6種類。今後もさらにバリエーションを増やす予定で、青森県内で親しまれている食材や調味料とのコラボレーションを予定しています。パッケージは、サバの横顔をあしらったカラフルでポップなデザイン。ギフトとしての活用もされています。

イメージ

国産農林産品利用部門(2018)
農林水産大臣賞

まんのうひまわりオイル

都道府県:香川県 仲多度郡
受賞会社名:株式会社 グリーンパークまんのう

【特 徴】

香川県まんのう町産100%のひまわりの種だけを、保存料や薬品を使わず昔ながらの低温圧搾法で酸化に気を配りながらじっくりと抽出したオリーブオイルと同じオメガ9系の健康オイルです。悪玉コレステロールや動脈硬化を下げると言われているオレイン酸は国内トップクラスの90%以上、抗酸化作用による美肌効果が期待されているビタミンEはオリーブの10倍と機能性が非常に高いのが特徴です。

イメージ

国産畜水産品利用部門(2018)
農林水産大臣賞

黒さつま鶏の生ハムスライス

都道府県:鹿児島県 曾於市
受賞会社名:株式会社 ナンチク

【特 徴】

鹿児島の黒牛,黒豚に続く第三の黒として注目されている「黒さつま鶏」のムネ肉を使用し、黒さつま鶏の特徴である「瑞々しく弾力のある肉質」により、生ハムのまろやかな塩味の中にも、鹿児島の郷土料理である「鶏刺し」のようなレアな食感を味わうことができる商品に仕上がっています。

イメージ

新技術開発部門(2018)
農林水産省食料産業局長賞

うに丸

都道府県:北海道 函館市
受賞会社名:有限会社 ヤマチュウ食品

【特 徴】

生の味に近く、日持ちがし、解凍しても味の変わらない、昆布を主食とするムラサキウニに、自社で考えた昆布をベースとした調味液(無添加)に採れたてのウニを漬け込みました。多少粘りのある昆布の作用で塩水ウニとは違い、解凍しても見くずれせず、ごはんにも合う食べやすく素材を生かした商品です。

イメージ

新技術開発部門(2018)
農林水産省食料産業局長

水なすピクルス和風mix

都道府県:大阪府 泉佐野市
受賞会社名:NSW株式会社

【特 徴】

泉州特産の水ナスは、皮が軟らかく水分たっぷりのみずみずしい食感と甘味が特徴で生食が可能ななすとしても有名ですが、昆布だしベースでまろやかなピクルスに仕立てた商品を、より幅広い世代に親しんでもらえるよう、透明な瓶に入れることで目にも鮮やかで楽しめる商品に仕上げています。水なすの加工品はぬか漬けというイメージが強いですが、本商品は「ピクルス」という今までにない、泉州特産の水なすの新しい食べ方を提案する商品です。

イメージ

新製品開発部門(2018)
農林水産省食料産業局長

山形いも煮らすく

都道府県:山形県 山形市
受賞会社名:株式会社 シベール

【特 徴】

山形の伝統野菜である「悪戸(あくと)いも」のペーストをパン生地に練り込み、それによってサクサク感が増し、製造しているラスクの中でも小ぶりにしたことで食べやすくなっています。また、独自にブレンドしたシーズニングは、本物の芋煮に遜色ない風味となっており、唯一無二のラスクとなっています。山形県民にとって芋煮はソウルフードです。芋煮をラスクにすることで「誰もが」「どこでも」「手軽に」山形の味を楽しむことができ、さらには全国にも山形の味を味わえるお菓子となりました。

イメージ

新製品開発部門(2018)
農林水産省食料産業局長

粒々こんにゃくスープ
(トマト&オニオン)

都道府県:群馬県 富岡市
受賞会社名:株式会社 アイエー・フーズ

【特 徴】

群馬県は日本一の生産量を誇るこんにゃくの名産地であることから,このことを多くの県内外の人に知っていただきたい、もっと手軽に多くのシーンで食べてほしい、群馬の土産物として利用してほしいとの思いから、県産農畜産物のブランド化を考える女子会「ひめラボ」との協同開発を行いました。また、季節の野菜を取り入れたスープアレンジを提案し、こんにゃくのヘルシーさに加え、野菜も多く摂れるよう女性目線ならではの工夫をしています。

イメージ

国産農林産品利用部門(2018)
農林水産省食料産業局長

味間いもコロッケ

都道府県:奈良県 磯城郡
受賞会社名:ようやるでおばちゃんの会

【特 徴】

ジャガイモではなく、ブランド化を推進する大和の伝統野菜の一つである「味間いも」というサトイモを使用したコロッケです。「味間いも」は、切った断面が白くてキメが細かく粘りが強いのが特徴で、とろっとした食感が楽しめ、コロッケにするとクリームコロッケのような食感に似ており、ねっとりなめらかで、ほのかで優しい甘みが出ます。生産地域の地名が名前の由来となる「味間いも」を使用した食品であり、「味間いも」を地域の特産品として広めるために開発された商品です。

イメージ

国産農林産品利用部門(2018)
農林水産省食料産業局長

きのこ南蛮

都道府県:熊本県 菊池市
受賞会社名:きくちの母ちゃん

【特 徴】

木椎茸生産者4人の女性グループで、生産しています。原木椎茸の規格外品のほか原材料はすべて菊池地域産であり、調味料もできるだけ菊池産を使用し、レンコンが無い時期は、ヤーコンに素材を変えるなど菊池産にこだわった商品です。郷土の食を現代風にアレンジした商品であり、「椎茸」が苦手な人にも食べられるように工夫し、揚げ油にはグレープシードオイルを使い「うま甘酢味」と「ピリ辛味」の2種類の味付けにしています。そのままお惣菜として、またお酒のおつまみとして、更にご飯に混ぜて食べてもおいしいです。

イメージ

国産農林産品利用部門(2018)
農林水産省食料産業局長

奥会津山芋蕎麦

都道府県:福島県 南会津市
受賞会社名:株式会社 奈良屋

【特 徴】

そば粉は地元契約農家及びその他会津産の良質な玄そばを使用し、そばの実を甘皮ごと挽きぐるみの粗挽きそば粉にしています。つなぎに山芋を加え、会津産の新鮮なそば粉の風味を逃さないうちに製麺することで、食感とそば本来の味・風味をできる限り大切にしています。麺生地を絶妙な乱切り仕上げにしており、滑らかなのど越しが特徴の細めのおそばです。さらに、会津の美味しい雪解け水を使用しています。

イメージ

国産畜水産品利用部門(2018)
農林水産省食料産業局長

伊豆山海おぼろ寿司

都道府県:静岡県 伊津の国市
受賞会社名:株式会社 だるま

【特 徴】

静岡県東部、伊豆の最高級の食材(由比産の桜海老・沼津港の鮪・伊豆市の卵・干し椎茸・富士山のふもと小山、御殿場産の水かけ菜)を使用し、一手間も二手間もかけ一切添加物を加えず昔ながらの手法にこだわって完成させた「伊豆山海おぼろ寿司」は、見た目にも美しく、栄養バランスも良く、そしてどこか懐かしい本物にこだわる駅弁として、静岡の素晴らしい食材を全国に発信しています。

イメージ

国産畜水産品利用部門(2018)
農林水産省食料産業局長

京さわらの旨味だし

都道府県:京都府 京都市
受賞会社名:福島鰹株式会社

【特 徴】

京都府はサワラの水揚げ量が日本トップクラスですが、小型のサワラ(サゴシ)はこれまで水揚げされても有効な利用方法がなく、活用方法に苦慮していましたが、府の事業で混合だしとして開発することができました。サゴシはサワラに比べて脂肪量が低く、煮干しにするとうま味とコクが強く、今回は削り節にして昆布やシイタケなどをブレンドした上品な味に仕上がっています。サワラだしの商品化は全国初となり、地域の特性をうまく生かした商品であるとともに、タイやトビウオなどに続く高級ブランド化を目指しています。

イメージ

国産畜水産品利用部門(2018)
農林水産省食料産業局長

宮崎マヒマヒフレーク

都道府県:宮崎県 宮崎市
受賞会社名:株式会社 器

【特 徴】

宮崎県は、全国でもトップクラスのシイラ漁獲量を誇っています。ハワイでは「マヒマヒ」の名前で高級魚として知られていますが、鮮度が落ちやすいことや、加工技術が難しいこともあり、未加工のまま安価で県外に出荷されることが多いです。そのため、当社では、宮崎獲れのシイラをフレーク状の缶詰にすることで水産資源物の活用を図ったほか、「備蓄缶」という付加価値を付けた商品を開発し、県内水産業の活性化に取り組んでいます。また、産学官連携によって、学生がより実践的な活動を行う場を提供し、水産業担う将来の人材育成にも貢献しています。

イメージ

新製品開発部門(2018)
農林水産省食料産業局長

ごろっとじゅれ

都道府県:富山県 黒部市
受賞会社名:株式会社 昌栄堂

【特 徴】

無添加、無着色、無香料にこだわった涼菓で、中には文字通りおおきな角切りのりんごが「ごろっ」とたっぷり、シャキシャキの食感もそのまま!搾りたての風味をまるごと詰め込みゼリーのような食感の寒天で仕上げました。契約農家で丹念に育てられたりんごは、1個1個状態を確認しながらスタッフが手作業で切って加工します。

イメージ

新製品開発部門(2018)
一般財団法人食品産業センター会長賞

TAHARADIP

都道府県:愛知県田原市
受賞会社名:彩農園

【特 徴】

日本一の農業産出額を誇る愛知県田原市で採れたトマト、ブロッコリー、しそ、とうもろこしの旨味を凝縮したディップソースです。パン、クラッカーにそのまま付けて食べるだけでなく、サラダドレッシング、肉・魚料理、パスタソースや隠し味的な調味料としてもご利用いただけます。豊かな太陽と、ミネ ラルを多く含んだ太平洋の潮風に育まれた大地で育った田原市産の野菜を訴求するため「TAHARADIP」と名付けました。

イメージ

新製品開発部門(2018)
一般財団法人食品産業センター会長賞

温泉なすのマーボーまん

都道府県:栃木県 宇都宮市
受賞会社名:フタバ食品株式会社

【特 徴】

「道の駅きつれがわ」との共同開発商品です。喜連川の温泉熱で栽培した希少野菜の「喜連川温泉なす」と地元産の「あさの豚」をマーボーなす風に仕上げた中華まん。大きめにカットした温泉ナスにピリ辛麻婆ソースがマッチし、地元や観光客からも好評を得ており、人気商品に定着しました。また、一年中家庭で中華まんを食べられるよう、電子レンジ加熱によりジューシーで風味豊かな食感を再現できる、個包装の専用袋を開発しました。その結果、夏場でも販売実績が上がってきています。

イメージ

新製品開発部門(2018)
一般財団法人食品産業センター会長賞

mitsu MORNING CARROT

都道府県:兵庫県 たつの市
受賞会社名:御津町園芸組合

【特 徴】

たつの市御津町産のにんじんを100%使用したジュースです。にんじんは、特に甘みのある初夏の早朝に収穫したものだけを厳選し、1瓶に約10本を贅沢に使用しています。保存料は使用していません。また、瀬戸内海に囲まれた干拓地で生産されたにんじんはミネラルを バランスよく含み、ジュースの味を引き立てています。にんじんとは思えないフルーティーな味であることと、新たな特産品として地域の店舗の売上向上に寄与しています。

イメージ

新製品開発部門(2018)
一般財団法人食品産業センター会長賞

ごろごろ雑穀米

都道府県:滋賀県 長浜市
受賞会社名:百匠屋

【特 徴】

ごろごろ雑穀米は、店頭でまず消費者(若い女性)の目に留まることを意識した商品で、無洗米と加圧焙煎した黒大豆、小豆、白大豆をプラカップ(2合300g入り)に入れた独自性ある商品です。共働きの女性をターゲットに、仕事と育児に日々多忙な中でも食事には手を抜かず、健康を意識したい女性向けの時短料理ご飯をイメージしました。そのために洗米が必要のない無洗米をベースに加圧焙煎した豆類を使用し、炊飯器に入れるだけですぐ炊けるように工夫しています。

イメージ

国産農林産品利用部門(2018)
一般財団法人食品産業センター会長賞

吹屋の紅だるま

都道府県:岡山県 高梁市
受賞会社名:佐藤紅商店

【特 徴】

岡山県高梁市で栽培された柚子の皮と唐辛子を使用し、柚子の風味が強い唐辛子の辛みの効いた柚子胡椒です。 かつて紅色の顔料「ベンガラ」の日本一の生産地であり、現在は過疎・高齢化や空き家問題が進行する限界集落になっておりますが、吹屋地域に移住した佐藤氏は吹屋を再び盛り上げるため、「ベンガラ」と同じ色の赤唐辛子の栽培を吹屋で開始し、柚子胡椒に加工。ベンガラに変わる新しい特産品として全国に発信しています。

イメージ

国産農林産品利用部門(2018)
一般財団法人食品産業センター会長賞

打ち豆とやさしいごはんシリーズ
(雑穀・さつま芋)

都道府県:鳥取県 鳥取市
受賞会社名:株式会社 エコファームみなか

【特 徴】

鳥取県産の有機大豆をつぶして乾燥させた「打ち豆」、鳥取県産米「きぬむすめ」、乾燥野菜をセットにした商品です。1食分がパックされ、炊飯器で炊くだけで優しい味の炊き込みご飯が簡単に調理できることから、料理が苦手な方や若い方が日本食に親しむきっかけになり、また、無農薬・無化学肥料の自社栽培で、良質なたんぱく質を含む大豆を手軽に食べることができるため、健康志向・安心安全の食品嗜好にも合います。

イメージ

国産農林産品利用部門(2018)
一般財団法人食品産業センター会長賞

埼玉青なすのみそ漬

都道府県:埼玉県 深谷市
受賞会社名:マルツ食品株式会社

【特 徴】

明治時代に、なら漬用なすとして栽培されていた埼玉の伝統野菜「埼玉青大丸なす」ですが、葉や枝に鋭いトゲがあり、病気に弱いところから段々市場から消えてしまいました。平成18年頃からもう一度この伝統野菜を復活させる動きが始まり、その中で加工品として本来の目的である漬物「なら漬」と「みそ漬」を開発致しました。この味噌漬けは埼玉の地味噌「秩父の麦味噌」と地酒の「酒粕」を調合した漬け床にじっくりと熟成発酵させた漬物です。

イメージ

国産農林産品利用部門(2018)
一般財団法人食品産業センター会長賞

甲子柿ジェラート

都道府県:岩手県 釜石市
受賞会社名:農作農家こすもす

【特 徴】

釜石市甲子地区で伝統の渋抜き法「燻煙脱渋法」により生産される「甲子柿」は、トマトのような真っ赤な外観とゼリーのような食感が特徴です。ラム酒に漬けた甲子柿と濃厚ミルクをふんだんに使ったジェラートアイス。色合いと食感といった珍しい特徴が残るように仕上げでいます。

イメージ

国産畜水産品利用部門(2018)
一般財団法人食品産業センター会長賞

minamitei フロマージュ

都道府県:千葉県 富津市
受賞会社名:富洋観光開発株式会社

【特 徴】

下地とトップのクラムに、見波亭の代表商品「のこぎり山バウムクーヘン」を使用したminamiteiフロマージュ。酪農発祥の地、千葉県房総の乳牛が生産した牛乳を使ったミルク風味のフロマージュが誕生しました。南房総産の低温殺菌牛乳や君津ブランド「菜の花エッグ」など県内の厳選素材を使用し、マイルドなミルクムースと濃厚なベイクドチーズケーキのシルクのようなくちどけを実現しました。解凍後も生ケーキのような作りたての食感をお楽しみいただけます。

イメージ

国産畜水産品利用部門(2018)
一般財団法人食品産業センター会長賞

和歌山3姉妹アイスクリーム

都道府県:和歌山県 海南市
受賞会社名:農事組合法人黒沢牧場

【特 徴】

濃厚なミルク風味ながら、後味がよく、上品な甘みは、牧場内の工房で、搾乳したての生乳から仕込む「牧場メイド」製法ならではの美味しさです。じゃばらは、和歌山発祥の希少な柑橘で、独特の酸味と苦み、そして同じくらい豊かな香味をもっています。三宝柑は、古くは紀州徳川家に献上もされた、苦みや渋みのほとんどない甘い蜜柑です。三宝のマーマレードは、生乳のアイスクリームに合うよう甘さを抑え、さわやかな柑橘の風味が出るように仕立てました。

イメージ

新製品開発部門(2018)
一般財団法人食品産業センター会長賞

いちじく甘露煮山ぶどう仕立て

都道府県:秋田県 にかほ市
受賞会社名:佐藤勘六商店

【特 徴】

従来のいちじく甘露煮を一粒ずつの個包装パッケージにしました。シロップには、同じ鳥海山麓で育った山ぶどう果汁の他、寒天を加え酸味のきいたジュレをいちじくに纏わせています。パッケージにもこだわり、幅広い年代の女性に手に取ってもらえるよう、いちじくの実と葉をあしらったレトロモダン調のデザインにしました。

イメージ

国産畜水産品利用部門(2017)
農林水産大臣賞

OIL SABADINES ~駿河燻鯖~
黒こしょう

都道府県:静岡県 沼津市
受賞会社名:有限会社 かねはち

【特 徴】

沼津港の水揚げ約80%を占めるのはサバであり、サバ節製造がありますが食生活の変化などで生産量が減っています。この伝統製法のサバ節を慣れ親しんだ味、風味を後世に残せていけたらという思いで、サバ節製造技術を最大限に活かしてできた商品が「オイルサバディン」です。燻された香りが口に広がり、噛めば噛むほどさばの旨みを感じます。

イメージ

新技術開発部門(2017)
農林水産大臣賞

潮里わかめ(湯通し冷凍わかめ)

都道府県:徳島県 鳴門市
受賞会社名:有限会社 うずしお食品

【特 徴】

鳴門わかめ加工商品は、塩蔵わかめや乾燥わかめのみで、鳴門わかめ本来の風味・食感を再現することが難しかったのですが、本製品により、鳴門わかめでは初となる冷凍加工商品が誕生し、鳴門わかめ本来の風味と食感を、旬の時以外にも味わうことが可能となりました。

イメージ

新製品開発部門(2017)
農林水産大臣賞

愛してる2017セット

都道府県:愛知県 半田市
受賞会社名:中野酒造株式会社

【特 徴】

口あたりは甘くまろやかで「はじける愛」を込めたシャンパン風のスパークリングと「つのる想い」を酵母に残したうすにごりでカクテル風のプレミアムの2本セット。この商品はモッコウバラの蔓が、ハート型に湾曲しており、花言葉が「あなたにふさわしい人」であることから“愛してる”と名付けました。

イメージ

国産農林産品利用部門(2017)
農林水産大臣賞

花岡胡椒ギフトセット

都道府県:鹿児島県 鹿屋市
受賞会社名:有限会社 善STYLE

【特 徴】

明治から昭和初期に「世界の相場を作る」「世界の二大産地」と言われた鹿児島県鹿屋市花岡地区の胡椒(唐辛子)を再興させたいという思いから、地元の青年団体が中心となって原種による栽培を復活させ花岡胡椒を原料とした食品です。香りが強く辛みがまろやかであるといった特徴を十分に活かした商品に仕上がっています。

イメージ

国産畜水産品利用部門(2017)
農林水産省食料産業局長賞

おっげんしゃー

都道府県:熊本県 天草市
受賞会社名:一二海

【特 徴】

おっげんしゃー(我が家のごはんのおかず)の名のとおり、御飯と合せて食べて欲しい一品です。 漁師の夫が漁師めしとして食べていたものをアレンジしました。 天草市牛深漁港で水揚げされた「鰹」、地元の「味噌」、自家生産の「生姜」、さとうきびを植え、昔ながらの製法で作った「黒糖」と、天草産の食材、調味料にこだわり、製造しています。

イメージ

国産畜水産品利用部門(2017)
農林水産省食料産業局長

ほたるいかの魚醤干し

都道府県:富山県 滑川市
受賞会社名:有限会社 とと屋

【特 徴】

日本海(主に富山湾)で水揚げされた新鮮なホタルイカを、魚醤を使ってじっくりと丸干しにした逸品です。ワインや日本酒に合うおつまみとなっています。富山ならではの魚介類を吊るして販売でき、常温でも販売が可能で、パッケージも女性好みとなっています。

イメージ

国産畜水産品利用部門(2017)
農林水産省食料産業局長

天然真鯛白子とうふ

都道府県:秋田県 男鹿市
受賞会社名:三和商事株式会社 旬魚房 匠

【特 徴】

網元直営工場で厳選された北限(秋田県男鹿産)の天然真鯛の希少な白子をふんだんに使用し、独自製法で臭みを抑えた「白子とうふ」。濃厚でクリーミーな味わいが特徴です。

イメージ

国産農林産品利用部門(2017)
農林水産省食料産業局長賞

純米吟醸ぷくぶく

都道府県:滋賀県 湖南市
受賞会社名:北島酒造株式会社

【特 徴】

琵琶湖にすむ魚が魚道を通って田んぼに遡上し、産卵、ふ化、そしてそこで育った魚が琵琶湖へ還るという環境にも魚にもやさしい「魚のゆりかご水田」で作られた「魚のゆりかご水田米山田錦」を原料に使用し、すっきりとした爽やかな辛口に仕上げた純米吟醸酒。東近江市の栗見出在家町魚のゆりかご水田協議会が減農薬・減化学肥料で生産する環境こだわり米「魚のゆりかご水田米山田錦」の全量を北島酒造が酒の原材料として使用しており、米の生産者と蔵元が一体となって酒を造ることで、ゆりかご水田で作った酒米の生産の安定化に寄与しています。 「ぷくぶく」とは鯰が田んぼの中で呼吸をする音と、お酒が醗酵する時の泡の音のイメージをしたものです。

イメージ

国産農林産品利用部門(2017)
農林水産省食料産業局長賞

山形おみづけわさび

都道府県:山形県 東置賜郡
受賞会社名:株式会社 三奥屋

【特 徴】

本製品は、県内農業者との契約栽培により収穫された山形青菜(伝統野菜)・大根・茎わさびを主原料としており、従来、山形の特産品として販売されていた「おみ漬」を酒粕と合わせ、緩やかに熟成発酵させることにより日持ちを延ばし、味のアクセントとして日本独自の茎わさびを加え、味に深みを醸し出し、昔ながらの発酵食品を活かした新しい山形の食文化の提案を行っています。

イメージ

国産農林産品利用部門(2017)
農林水産省食料産業局長賞

十勝ポップコーン
~黄金のとうもろこし畑から~

都道府県:北海道 中川郡
受賞会社名:前田農産食品株式会社

【特 徴】

国内でも珍しい爆裂種トウモロコシを、GGAP認定の自社農場にて、分解フィルムを使用して保温栽培し、小麦と共に乾燥させる方法を考案。約2分の電子レンジ加熱という手軽な調理で、各家庭で簡単に出来たてを味わえ、弾ける音と香りも楽しいポップコーン。道産素材100%である上、開けやすく親しみやすい包装デザインの商品です。

イメージ

新技術開発部門(2017)
農林水産省食料産業局長賞

減塩 阿部の笹かまぼこ

都道府県:宮城県 仙台市
受賞会社名:株式会社 阿部蒲鉾店

【特 徴】

業界初となる減塩のかまぼこです。笹かまぼこを作る上で、食塩は調味料としてだけでなく弾力を生むために欠かせない原料でありましたが、同社の技術開発によって食味・食感を損なわずに塩分を30%カットすることに成功しました。かまぼこは塩分が多いというイメージを払拭し、消費者の健康志向に応える新商品です。

イメージ

新製品開発部門(2017)
農林水産省食料産業局長賞

越前産紅ズワイガニ割烹仕込みの蟹真薯

都道府県:福井県 福井市
受賞会社名:株式会社 三玄

【特 徴】

福井県のカニかご漁は約50年前(1969年)に始まったとされています。福井県でカニかご漁の操業を継続しているのは越前漁港の大喜丸のみ。この大喜丸が漁獲した越前産紅ズワイガニを使用し、和食料理を商品化。従来のかまぼこと異なる食感を生み出すため、和食の真薯の技法をアレンジしました。

イメージ

新製品開発部門(2017)
農林水産省食料産業局長賞

焼きなす醤油

都道府県:大阪府 富田林市
受賞会社名:大阪南農業協同組合

【特 徴】

原材料に地元南河内産のしょうがと南河内産の白ワインを使用した焼きなす専用の甘口醤油です。南河内地域は府内屈指のなすの生産地であり、「大阪なす」としてブランド化を図っています。本製品は、焼きなすの専用醤油という画期的商品であり、「大阪なす」の販売・消費拡大、農家所得の向上が期待できます。

イメージ

新製品開発部門(2017)
農林水産省食料産業局長賞

ももれーど

都道府県:福島県 白河市
受賞会社名:株式会社 しらかわ五葉倶楽部

【特 徴】

フルーツ王国福島を代表する桃あかつきのジャムスイーツ。糖度は44度、ジャム商品としては甘さを控えめに加工。ゲル化剤、水飴などは使用せず、ももの果実をふんだんに使用し、またレモンを丸ごとピューレ加工してあわせているので、爽やかな味わいの中にもキレのある仕上がりになっています。また、原料調達の面で、青果で販売できない規格外品の活用により生産農家からの新たな調達が実現し、収穫した桃を糖漬け加工し急速凍結でストック、通年製造を可能にすることで地域の発展に貢献しています。

イメージ

新技術開発部門(2017)
農林水産省食料産業局長賞

嬬恋キャベツ酢<PLAIN, PURPLE>

都道府県:群馬県 利根郡
受賞会社名:川場村農産加工株式会社

【特 徴】

新鮮なキャベツを原料に、伝統的な天然醸造製法(静置発酵)で製造され、穀物酢に比べてまろやかな酸味を有するのが特徴です。また、PURPLEは、紫キャベツを原料とし、美容に良いとされるポリフェノールを多く含みます。新商品開発が困難であったキャベツを用いて新たな加工品を完成させたことにより、キャベツの活用の幅を広げるとともに、夏秋キャベツ収穫量日本一の産地(嬬恋村)と協力して、新しい地域特産加工品を誕生させ、地域振興にも寄与しています。

イメージ

国産畜水産品利用部門(2017)
一般財団法人食品産業センター会長賞

いわて広田湾牡蠣のバーニャカウダ 

都道府県:岩手県 陸前高田市
受賞会社名:広田湾遊漁船組合(広田湾漁業協同組合内)

【特 徴】

漁師が薦める一番美味しい春の時期にとれた広田湾産の最高級牡蠣を使用し、牡蠣の濃厚な味わいと香り、旨味を活かした 様々な料理の隠し味として、共働き家庭など忙しい方にも手軽に本格的な料理を作ることができる無添加の新感覚調味料です。本商品を新たな観光コンテンツとして事業展開をしており、地域内外におけるPRをはじめ経済波及効果が大きい商品です。

イメージ

国産農林産品利用部門(2017)
一般財団法人食品産業センター会長賞

小豆島・手延べ銀四郎めん
オリーブ素麺

都道府県:香川県 小豆郡
受賞会社名:銀四郎麺業株式会社

【特 徴】

小麦の中心部分を贅沢に使用した小麦粉と、その素材の旨味を活かすため、塩かどのないまろやかな伯方の塩で練る生地に、小豆島の老舗、東洋オリーブの農園で収穫された小豆島産100%の果実をふんだんに練り込み、表面にはオリーブ油を塗り、伝統の「手延べ技法」で延ばしあげた、オリーブの風味豊かな匠こだわりのオリーブ素麺です。

イメージ

国産農林産品利用部門(2017)
一般財団法人食品産業センター会長賞

京都 やさいおいる(九条ねぎ)

都道府県:京都府 船井郡
受賞会社名:株式会社 京都ものがたり

【特 徴】

京都産の野菜を使用し、独自の製法で作った香りのよい調味オイルです。色が美しく、見た目も鮮やかなオイル瓶に仕上っています。健康に良い油と言われている、「国産米オイル」をベースにしています。その米オイルと野菜を低温で処理することにより、野菜の香りを損ないません。野菜炒めやパスタなど、様々なお料理にご利用して頂けます。安心・安全にこだわっており、原材料はオイルと野菜のみ、無添加です。

イメージ

新製品開発部門(2017)
一般財団法人食品産業センター会長賞

YAHAZU

都道府県:宮﨑県 延岡市
受賞会社名:宮崎ひでじビール株式会社

【特 徴】

宮崎県内で栽培された大麦を自社で発芽・乾燥させて麦芽に加工し、自社加工した県内産麦芽を100%使用したビール。乾燥したての麦芽の持つ香ばしさ、すっきりした飲み口が特徴のジャーマンピルスナール。地域経済の循環を目指して、原料調達に加え、加工機器メーカーも宮崎県内企業とタッグを組み開発することで、“オール宮崎”での生産体制を整えて、商品化を実現しました。

イメージ

新製品開発部門(2017)
一般財団法人食品産業センター会長賞

pasta sorriso 生パスタ・ラビオリ

都道府県:兵庫県 姫路市
受賞会社名:小川農園株式会社

【特 徴】

自社農園の減農薬・減化学肥料で栽培した米粉を使い、地元産の卵・野菜さらには、自社で製造したチーズを原材料に、生パスタ(ラビオリ・トルテリーニ・ショートパスタ)を、自社のパスタ工房で製造し、消費者に提供しています。米粉パスタの製造方法を確立するとともに、地域の若手農家の野菜を使用しており、ふるさと食品の製造にとどまることなく、6次産業化にも取り組んでいます。

イメージ

新製品開発部門(2017)
一般財団法人食品産業センター会長賞

万能梅みそ

都道府県:埼玉県 入間郡
受賞会社名:山口農園

【特 徴】

日本有数の梅の産地、埼玉県越生町の梅(自家農園で栽培)を使用した手作りの梅味噌です。保存料無添加。梅の風味を生かし、梅干しが食べられない人や外国人にも好評です。チューブ式スタンドパック入りにして、主婦目線で使いやすさにもこだわりました。手を汚さず、片手で簡単に必要な分だけ取り出してお使いいただけます。また、梅干し加工のほか、新商品開発にも力を入れて梅の加工品を増やし、越生町特産の梅のPRに積極的に取り組んでいます。

イメージ

新製品開発部門(2017)
一般財団法人食品産業センター会長賞

下町キャビア・フィッシュセット

都道府県:茨城県 常総市/つくば市
受賞会社名:西京漬の寺田屋/株式会社 フジキン

【特 徴】

チョウザメの魚肉という未活用資源を西京味噌とバジルオイルで漬け込み、セット販売しているものです。西京漬けは、地元茨城産の素材を使用した特製の調味料に魚醤を加えることで滑らかな味わいをお楽しみいただけます。チョウザメの魚肉は身が固く味噌の味が浸透しにくいところ、真空状態及び零度下で5日間手揉みするという独自の伝統製法に加え、身に複数の穴を空けるなど工夫を凝らし、味の定着に成功しました。

イメージ

新製品開発部門(2017)
一般財団法人食品産業センター会長賞

弘前城しいどる

都道府県:青森県 弘前市
受賞会社名:弘前銘醸株式会社

【特 徴】

「弘前さくらまつり」開催100年にあたり、弘前公園にある「日本最古のソメイヨシノ」から採取した天然酵母「弘前さくら酵母」と、弘前産りんご100%で製造したシードル(発泡性りんご酒)です。りんごの愛らしさと、咲き誇る弘前城の桜をイメージしたデザインの題字とラベル、パッケージで、バランスの良い甘味と酸味、酵母の生み出す独特の風味を持つ、奥ゆかしくも華やかな「和」のシードルです。

イメージ

国産畜水産品利用部門(2017)
一般財団法人食品産業センター会長賞

いわて広田湾牡蠣のバーニャカウダ

都道府県:岩手県 陸前高田市
受賞会社名:広田湾遊漁船組合(広田湾漁業共同組合内)

【特 徴】

漁師が薦める一番美味しい春の時期にとれた広田湾産の最高級牡蠣を使用し、牡蠣の濃厚な味わいと香り、旨味を活かした 様々な料理の隠し味として、共働き家庭など忙しい方にも手軽に本格的な料理を作ることができる無添加の新感覚調味料です。本商品を新たな観光コンテンツとして事業展開をしており、地域内外におけるPRをはじめ経済波及効果が大きい商品です。

イメージ

国産畜水産品利用部門(2017)
一般財団法人食品産業センター会長賞

房総真鯛春子焼「鯛めし・鯛茶漬け」

都道府県:千葉県 香取市
受賞会社名:株式会社 正上

【特 徴】

真鯛を割烹仕立てで上品に調味し直火で丁寧に焼き上げ、北海道産昆布を腹に詰め更に昆布巻きにした後、最新の加圧加熱殺菌調理機を使用し、鯛の身はしっかりしながらも骨まで柔らかく食べられる製品に仕上げました。別添のだし醤油を加え、炊飯器でいつもながらに炊飯するだけで、お手軽ながら本格的な鯛めしができあがります。お茶をかけて「鯛茶漬」としても美味しく召し上がれます。

イメージ

国産畜水産品利用部門(2016)
農林水産大臣賞

クレマ・カタラーナ

都道府県:千葉県 南房総市
受賞会社名:株式会社 近藤農場

【特 徴】

近藤牧場のブラウンスイス、ジャージー、ガンジー、ホルスタイン種の 生乳をブレンド。新鮮な卵をたっぷり使用して作ったプリンのフローズンデザートで、半解凍で食べる。濃厚でクリーミーな味わいです。

イメージ

国産農林産品利用部門(2016)
農林水産大臣賞

キャベコロ(カレー味)

都道府県:愛知県 豊橋市
受賞会社名:株式会社 サンショク

【特 徴】

キャベツのコロッケ。コロッケの具材にじゃがいもではなく、キャベツを使用し、シャキシャキとした食感が味わえる。この商品は、 地元農産物を活用した加工品・料理コンテストにて「最優秀賞」を受賞したレシピを基に、製品化。野菜嫌いな子供にも食べやすいカレー味に仕上げており、地産商品として幅広い年齢層に親しんでいただける。

イメージ

新製品開発部門(2016)
農林水産大臣賞

阿蘇タカナード

都道府県:熊本県 阿蘇市
受賞会社名:阿蘇さとう農園

【特 徴】

「阿蘇タカナ」の種で作ったマスタード。「阿蘇タカナ」のからし菜の性質を活かした商品で、「阿蘇タカナ」は主に茎葉を漬物にして食べるもので、今回はこれまで食用には利用されていなかった「種」を活用した。伝統野菜の新たな価値創造という点では、漬物しか加工品がなかったところに、マスタードという洋食でも和食でも使える調味料は、活用シーンを広げると考える。ツンとこないまろやかな辛さが特徴です。

イメージ

新技術開発部門(2016)
農林水産大臣賞

無塩zero温麺

都道府県:宮城県 白石市
受賞会社名:はたけなか製麵株式会社

【特 徴】

業界初の食塩不使用の白石温麺であり、宮城県の特産品に「食塩相当量ゼロ」という新たな付加価値が付いた商品が誕生した。減塩マーケットという新市場開拓による宮城県や白石温麺業界に与える功績は大きく、宮城県産小麦100%使用バージョンも開発しており、地産地消に貢献している。コシやつるつるとした食感があり、鍋やお吸い物にそのまま入れるなど、使い方も広がります。

イメージ

国産畜水産品利用部門(2016)
農林水産省食料産業局長賞

羅臼昆布うどん

都道府県:富山県 黒部市
受賞会社名:株式会社 四十物昆布

【特 徴】

知床の羅臼の昆布漁は黒部市生地からの移住の人たちによって開拓された歴史がある。古くは北前船により、また近年は北洋漁業により交流があり、北海道の「魚」や「昆布」は富山の伝統料理に深くとけ込んでいる。昆布を練り込んだ麺商品は他にもあるが、羅臼昆布を練り込んだ麺商品はほとんど市販されていない。そこで今回は古くから富山県内で多く消費されている羅臼昆布を使用することで、細きりでありながら、今までにないコシともっちり感のあるうどんです。

イメージ

国産畜水産品利用部門(2016)
農林水産省食料産業局長賞

鳥海高原ヨーグルト山形讃歌

都道府県:山形県 酒田市
受賞会社名:鳥海やわた観光株式会社

【特 徴】

山形讃歌は2層仕立てのヨーグルト。ヨーグルトは、自社が運営する鳥海山麓高原牧場の新鮮な生乳を原料に、通常のヨーグルト製造より低温で長時間発酵させて、酸味を抑えた滑らかな食感に仕上げている。フルーツソースは、果樹王国山形県の特産品ブルーベリー、いちご(おとめ心)、ラ・フランスを県内の加工施設において直接農家等から調達している。果肉たっぷりなソースを乗せたヨーグルトは甘味と食感のよいコクの深い味わいになっています。

イメージ

国産畜水産品利用部門(2016)
農林水産省食料産業局長賞

ぶりこんふぃ

都道府県:秋田県 にかほ市
受賞会社名:有限会社 三浦米太郎商店

【特 徴】

秋田の名産であるハタハタの魚卵(ブリコ)を、低温オリーブオイルで煮詰めました。食材はすべて無添加です。ブリコのプチプチとした食感を、そのまま残しましたので、日本酒やワインのおつまみとして、またはサラダやパスタのトッピングなどで楽しむことができます。

イメージ

国産農林産品利用部門(2016)
農林水産省食料産業局長賞

梨花 RINKA

都道府県:鳥取県 米子市
受賞会社名:株式会社 ホテルハーベストイン米子

【特 徴】

「二十世紀梨」のもつ食感と瑞々しい美味しさを生かすため、梨を独自の配合でコンポートにし、そのコンポートを包むレアチーズケーキには、全体が調和するように滑らかな舌触りと穏やかな風味が特徴のマスカルポーネチーズを使用。繊細でやさしい味わいに仕上げている。鳥取県らしさを追求した製品。また、鳥取県発祥の「氷温技術」で貯蔵した梨を使用することで、いつでも収穫時と同じ鮮度を保ち通年販売を可能としたことが特徴。

イメージ

国産農林産品利用部門(2016)
農林水産省食料産業局長賞

湖都蔵

都道府県:滋賀県 大津市
受賞会社名:レーク大津農業協同組合

【特 徴】

六条大麦ならではの風味や旨みを活かした芳醇な香りとすっきりした爽やかな飲み口が特徴で、飲みやすくさまざまな料理に合い、女性や焼酎が苦手な方からも好評である。地域の活性化につなげたいと地元原料96%使用し、大津市の「ふるさと特産品生産振興事業」で商品化した「ふるさと食品」。

イメージ

国産農林水産品利用部門(2016)
農林水産省食料産業局長賞

季節野菜の平麺ぱすた3種 ~冬~

都道府県:岩手県 陸前高田市
受賞会社名:ひろこいちファーム

【特 徴】

お米の種を播くところから製麺までの工程を一貫して弊社で行っています。また、麺に練りこむ野菜も自家産です。製麺工場には、一切小麦を持ち込まず、自家製粉も行っているため、コンタミの危険性もなく小麦アレルギーをお持ちの方でも安心してお召し上がりいただけます。主食としてだけでなく、サラダやスープの具材などにも楽しめます。

イメージ

新製品開発部門(2016)
農林水産省食料産業局長賞

柚子ピール

都道府県:宮崎県 西都市
受賞会社名:農業生産法人 株式会社 かぐらの里

【特 徴】

地元(宮崎県東米良地区)で栽培している柚子を厳選して使用。サイズを揃えスライスしたゆず皮を甜菜糖と柚子果汁入りのシロップにじっくり漬け込み、上品な甘さと香りが特徴。皮はそのまま食しても、手作りスイーツの材料にも利用できる。また、保存料・香料・着色料等の食品添加物は使用しておりません。

イメージ

新製品開発部門(2016)
農林水産省食料産業局長賞

金陵 さぬきのもも

都道府県:香川県 仲多度郡
受賞会社名:西野金陵株式会社

【特 徴】

香川県産の桃(あかつき)をまるごとすりつぶしてお酒にしました。桃ピューレを使用したとろっと濃い味わいです。ジューシーで濃厚な桃をお楽しみください。桃は酸化しやすく加工が難しい果物です。しかし皮をむいてそのままピューレにしたものを使用することで、濃さとフレッシュさを出すことができました。果肉が底に沈むほど桃をふんだんに使用しています。糖を控えめにして自然な桃の甘味を引き出しました。

イメージ

新製品開発部門(2016)
農林水産省食料産業局長賞

プレミアムスパークリングアップル アプリモ

都道府県:青森県 弘前市
受賞会社名:タムラファーム株式会社

【特 徴】

ストレート果汁100%のアップルサイダー。生産量日本一の弘前市で採れたりんごの美味しさをジュースで表現したく開発された商品である。自社農園でのりんご作りからシードルの自社製造まで、一年がかりで丹精込めて造ったスパークリングアップルジュースで、りんご本来の美味しさを味わっていただきたいので、無加糖、無調整、酸化防止剤や酸味料もいっさい使っておりません。りんごを丸かじりしたような濃厚な味わいと爽やかな風味が特徴となっている。  パッケージデザインは、津軽地方の伝統工芸「こぎん刺し」をモチーフにしている。 

イメージ

新技術開発部門(2016)
農林水産省食料産業局長賞

新六のパパイヤ奈良漬

都道府県:茨城県 取手市
受賞会社名:株式会社 新六

【特 徴】

パパイヤの奈良漬。地域農業振興及び地域活性化に取り組む那珂市「やぎぬま農園」の青パパイヤを使用し、独自の低温発酵製法用いて南国の代表的なフルーツであるパパイヤを奈良漬にすることによりコリコリとした歯触りと風味を楽しめるとともに、タンパク質や脂質糖分を分解する酵素をはじめとした青パパイヤ本来の豊富な栄養素に加え、発酵により植物性乳酸菌やポリフェノールを含むほか、栄養吸収力を高める効果があると言われている。

イメージ

国産農林産品利用部門(2016)
一般財団法人食品産業センター会長賞

エメラルドグリーンに輝く静岡マスクメロンジャム

都道府県:静岡県 浜松市
受賞会社名:小林レシピ開発株式会社

【特 徴】

メロンの加工品は他の果物に比べ圧倒的に少ない。そこで静岡県の特産である高級マスクメロンに着目し、通年を通して食べられるようにジャムを開発した。6年の歳月を要し,人工着色料を使用せずにクリアーなエメラルドグリーン色を残し、加熱すると発生する瓜臭もマスキングできた。特記すべきはマスクメロンそのものを食しているような自然な味の良さにある。

イメージ

新製品開発部門(2016)
一般財団法人食品産業センター会長賞

創作 生かるかん
(霧かん、櫻かん、橘かん)

都道府県:鹿児島県 霧島市
受賞会社名:有限会社 徳重製菓とらや

【特 徴】

かるかんは鹿児島の伝統的な和菓子ですが、「生かるかん」はその特徴を継承しつつも、現代人の感性に敵うよう独自に丹念に調整したオリジナル「かるかん」です。天保3年から飲み継がれた霧島の天然名水と厳選した霧島山系の自然薯を使って蒸し上げ、同じく天然名水を使って吹きあげた三種の飴を包み、食べ易い半月のカタチに仕上げており、華やかな色合いとしっとりとした食感、上品な風味が特徴となった、従来のかるかん饅頭の概念を超えた、これからの新しい特産品として期待される商品です。

イメージ

新製品開発部門(2016)
一般財団法人食品産業センター会長賞

ゆずふわり 曾爾高原フルーツエール

都道府県:奈良県 宇陀郡
受賞会社名:一般財団法人 曽爾村観光振興公社

【特 徴】

ゆず風味のビール。原料のゆずは、捨てる処をほぼなくすべて使用しています。皮も実も果汁もすべて使用しています。ゆずとポップの合わさった苦みが特徴。ベースのジャーマンスタイルケルシュの香りがほのかにふわりとしています。味はカクテルなようで女性好み味になっております。

イメージ

新製品開発部門(2016)
一般財団法人食品産業センター会長賞

みそ漬け 京の若サワラ寿し

都道府県:京都府 京丹波市
受賞会社名:うめや本舗

【特 徴】

サワラは京都をはじめ日本海沿岸で近年急激に漁獲量が増加している魚種であり、現在では漁獲量及び漁獲金額共に上位を占め、また全国でも上位に位置する等、京都府の水産業において重要な魚種である。本製品は丹後で漁獲されたサワラの中でも小型で単価の低い銘柄を用い、地元京丹後市産の酵母と味噌を用いて旨味を引き出し焼き上げている。地元ならではの高鮮度・高品質の魚と、酒造・醸造メーカーが多い本地域ならではの高い発酵技術を活かした製品開発であり、主要漁獲魚種の魚価向上等、地元産業への貢献が期待される。

イメージ

新製品開発部門(2016)
一般財団法人食品産業センター会長賞

鯖へしこ糠パウダー

都道府県:福井県 福井市
受賞会社名:株式会社 三玄

【特 徴】

福井県の伝統郷土食、鯖へしこ(鯖の糠漬け)の「米ぬか」を活用した調味料。伝統郷土食「鯖へしこ」を新たな視点で商品化した「へしこ」とは、塩漬けにした魚を米糠で漬けた保存食であり、各種ミネラルとアミノ酸のバランスに成り立った福井県の伝統発酵食品。へしこに使用した米糠は、廃棄されているがこの米糠に注目し商品開発。特殊な乾燥技術で直接食べられるように加工しました。米糠は、玄米を精米する際に出るもので、玄米の栄養素の9割を含んでいる。味は「からすみ」のようで色々な料理スタイルに合わせられます。

イメージ

新製品開発部門(2016)
一般財団法人食品産業センター会長賞

ぱみゅ

都道府県:埼玉県 児玉郡
受賞会社名:株式会社 味輝

【特 徴】

国内産小麦と天然酵母、塩のみを原料にして、長時間中種法で生産したパン。生活クラブ生協40周年を記念して組合員と共同開発した商品で、もちもちどっしりした食感が特徴。酵母(元種(もとだね))は米と米糀と水だけで時間をかけて培養し、小麦粉は農薬・化学肥料を使わずに生産した小麦(埼玉県特別栽培農産物)を石臼挽きにするなど、特に原料と製法にこだわっている。

イメージ

新製品開発部門(2016)
一般財団法人食品産業センター会長賞

鍋っ娘 三姉妹
(旨み醤油・極め塩生姜・濃厚味噌)

都道府県:群馬県 館林市
受賞会社名:邑楽舘林農業協同組合

【特 徴】

きゅうり・白菜・春菊・ニガウリなどの野菜の生産が盛んです。そこで、野菜の消費拡大を図るため、「おいしい野菜を鍋料理でたくさん食べていただき、地産地消を進める。」ことを目標に、当JAと収穫体験などで交流のある学校法人「食糧学院」にレシピ開発を依頼し、地元の正田醤油が製造しました。 「鍋っ娘(なべっこ)」は濃縮タイプで、9倍に薄めて鍋に入れ、野菜と煮るだけで鍋料理が楽しめるほか、うどんや炊き込みご飯などにも利用できる逸品です。

イメージ

新製品開発部門(2016)
一般財団法人食品産業センター会長賞

政木屋 宮ゆず塩焼そば

都道府県:栃木県 宇都宮市
受賞会社名:政木屋食品株式会社

【特 徴】

栃木県産小麦「イワイノダイチ」と「麦のかほり」をブレンド。一般的な焼きそばよりやや太い中太麺の焼きそばです。ソースは塩味をベースに宇都宮市新里町の「宮ゆず」を使用。ゆずの香りと旨みをバランス良く調合したことで、ゆずの爽やかなあっさりした風味が旨みを引き立ててくれます。ゆず味という新しい商品で、あっさりとした食味により各年代層から喜ばれています。

イメージ

新製品開発部門(2016)
一般財団法人食品産業センター会長賞

プレミアムトマトジュース

都道府県:福島県 いわき市
受賞会社名:株式会社 ワンダーファーム

【特 徴】

とまとランドいわきグループで栽培された生食用の厳選された大玉・中玉・ミニトマトを7種類混合して仕上げたトマトジュースです。甘さとコクが濃縮された濃厚な口当たりになっています。