ページTop

受賞食品一覧

国産農林産品利用部門

イメージ

国産農林産品利用部門(2018)
農林水産大臣賞

まんのうひまわりオイル

都道府県:香川県 仲多度郡
受賞会社名:株式会社 グリーンパークまんのう

【特 徴】

香川県まんのう町産100%のひまわりの種だけを、保存料や薬品を使わず昔ながらの低温圧搾法で酸化に気を配りながらじっくりと抽出したオリーブオイルと同じオメガ9系の健康オイルです。悪玉コレステロールや動脈硬化を下げると言われているオレイン酸は国内トップクラスの90%以上、抗酸化作用による美肌効果が期待されているビタミンEはオリーブの10倍と機能性が非常に高いのが特徴です。

イメージ

国産農林産品利用部門(2018)
農林水産省食料産業局長

味間いもコロッケ

都道府県:奈良県 磯城郡
受賞会社名:ようやるでおばちゃんの会

【特 徴】

ジャガイモではなく、ブランド化を推進する大和の伝統野菜の一つである「味間いも」というサトイモを使用したコロッケです。「味間いも」は、切った断面が白くてキメが細かく粘りが強いのが特徴で、とろっとした食感が楽しめ、コロッケにするとクリームコロッケのような食感に似ており、ねっとりなめらかで、ほのかで優しい甘みが出ます。生産地域の地名が名前の由来となる「味間いも」を使用した食品であり、「味間いも」を地域の特産品として広めるために開発された商品です。

イメージ

国産農林産品利用部門(2018)
農林水産省食料産業局長

きのこ南蛮

都道府県:熊本県 菊池市
受賞会社名:きくちの母ちゃん

【特 徴】

木椎茸生産者4人の女性グループで、生産しています。原木椎茸の規格外品のほか原材料はすべて菊池地域産であり、調味料もできるだけ菊池産を使用し、レンコンが無い時期は、ヤーコンに素材を変えるなど菊池産にこだわった商品です。郷土の食を現代風にアレンジした商品であり、「椎茸」が苦手な人にも食べられるように工夫し、揚げ油にはグレープシードオイルを使い「うま甘酢味」と「ピリ辛味」の2種類の味付けにしています。そのままお惣菜として、またお酒のおつまみとして、更にご飯に混ぜて食べてもおいしいです。

イメージ

国産農林産品利用部門(2018)
農林水産省食料産業局長

奥会津山芋蕎麦

都道府県:福島県 南会津市
受賞会社名:株式会社 奈良屋

【特 徴】

そば粉は地元契約農家及びその他会津産の良質な玄そばを使用し、そばの実を甘皮ごと挽きぐるみの粗挽きそば粉にしています。つなぎに山芋を加え、会津産の新鮮なそば粉の風味を逃さないうちに製麺することで、食感とそば本来の味・風味をできる限り大切にしています。麺生地を絶妙な乱切り仕上げにしており、滑らかなのど越しが特徴の細めのおそばです。さらに、会津の美味しい雪解け水を使用しています。

イメージ

新製品開発部門(2018)
一般財団法人食品産業センター会長賞

TAHARADIP

都道府県:愛知県田原市
受賞会社名:彩農園

【特 徴】

日本一の農業産出額を誇る愛知県田原市で採れたトマト、ブロッコリー、しそ、とうもろこしの旨味を凝縮したディップソースです。パン、クラッカーにそのまま付けて食べるだけでなく、サラダドレッシング、肉・魚料理、パスタソースや隠し味的な調味料としてもご利用いただけます。豊かな太陽と、ミネ ラルを多く含んだ太平洋の潮風に育まれた大地で育った田原市産の野菜を訴求するため「TAHARADIP」と名付けました。

1 2 4