ページTop

お知らせ

アーカイブ月別: 2019年09月

 新たな外国人材受入れ制度の試験実施について

 

 2018年12月8日、「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」が成立し、一定の専門性・技能のある外国人の方が日本国内で就労するための新たな在留資格(特定技能)が創設されました。

 

 飲食料品製造業が特定産業分野に指定されたことから、飲食料品製造企業では特定技能1号の在留資格を有する外国人の方を上限5年まで雇用することが出来るようになりました。

 

 在留資格取得のための試験実施については、一般社団法人 外国人食品産業技能評価機構(OTAFF)のHPを参照下さい。

(URLは次の通りです。https://otaff.or.jp/)  

 

 一般財団法人 食品産業センターでは、食品企業、食品企業団体、学識経験者のご協力を得て、飲食料品製造業特定技能1号技能測定試験の受験に必要な学習用テキストを作成いたしました。  

 

 試験問題は、このテキストの範囲から出題されますので、受験される方は、以下の学習用テキストをご活用下さい。

 

 1 学習用テキスト(日本語)

 

 2 学習用テキスト付属資料(日本語)

 

 3 学習用テキスト用語集(日本語)

 


本件に関するお問合せ


企画調査部 
武石(たけいし)橋本(はしもと)  電話(03)3224-2365, 2368