トップ マニフェスト制度とは 対象となる産業廃棄物 マニフェストの記入方法 マニフェストの入手方法
産業廃棄物とマニフェストの流れ 処理業者との委託契約 マニフェストの義務と罰則 お問い合わせ先
委託契約にあたって確認すること
  産業廃棄物処理業許可証の例

処理業者と委託契約を結ぶにあたっては、相手の業者が都道府県知事等の許可を受けているかどうか、委託する産業廃棄物の取り扱いが許可を受けている範囲かどうか、処理基準を満たしているかどうかなどを確認する必要があります。
これらは委託する業者の「産業廃棄物処理業許可書」で確認できます。
取り扱うことのできない廃棄物の処理を委託したり、処理能力が不十分な業者に委託すると罰則(委託基準違反)を受けます。

都道府県知事等の許可を受けていること
委託する内容が許可内容とあっていること
処理基準を満たしていること

 

イメージ


  産業廃棄物処理委託契約書の例
●委託契約書には許可証の添付が必要です イメージ

排出事業者が収集運搬業者や処分業者と委託契約を結ぶ場合、委託契約書に「産業廃棄物処理業許可証」の写しを添付することが義務づけられています。

 

●委託契約書には最終処分にかかわる
 項目を記載します

処分業者との委託契約書には契約の段階においても、排出事業者が最終処分の場所等を予め把握できるように、契約書に下記の項目を記載することが義務づけられています。
・最終処分を行う場所の所在地
・最終処分の方法
・最終処分を行う施設の処理能力

委託契約書の様式は(社)全国産業廃棄物連合会のホームページからダウンロードできます。
http://www.zensanpairen.or.jp

もどる