メルシャン株式会社 酒類
軽量化・薄肉化・小型化 詰め替え化 簡易包装 リユース 易リサイクル化 その他
ガラスびん軽量化・薄肉化・小型化 ■軽量化・薄肉化・小型化
ガラス瓶等の包装容器について環境負荷の低い容器を採用している。2007年は720mlのガラス瓶について8%の軽量化を行い、その結果2005年換算で約400tの削減になった。
これまで720mlワイン瓶では2006年までに125g(1993年比 28%)、スパークリングワイン瓶も同様に、720ml瓶で103g(11%)、360ml瓶で108g(19%)の軽量化を達成した。2007年には720mlワイン瓶の軽量化を進め、さらに26g(33%)の削減を達成した。
■ガラスびんの軽量化
表
写真
2008年の容量あたりの重量は、2002年に比べてガラスビンで94.9%となり、2002年の実績以下を維持している。
■容量あたりのガラスビン重量表
PETボトル軽量化・薄肉化・小型化 ■軽量化・薄肉化・小型化
PET ボトルでは、1998年に比べ4.0Lで28g(17%)、2.7Lで23g(18%)、1.8Lで6g(7%)の削減を行っている。
■PETボトルの軽量化
表
2008年の容量あたりの重量は、2002年に比べてPETボトルで87.1%となり、いずれも2002年の実績以下を維持している。
■容量あたりのPETボトル重量
表
[ 情報登録日:2010年3月19日 ]
出典
メルシャン株式会社2008年、2009年環境報告書
八都県市容器包装ダイエット宣言「http://www.diet-youki.jp/index.php」