アサヒ飲料株式会社 清涼飲料
軽量化・薄肉化・小型化 詰め替え化 簡易包装 リユース 易リサイクル化 その他
ガラスびんリユース ■リユース
リターナブルびんは「サイダー200」「バヤリースオレンジ200」「ウィルキンソン190」など8種類の商品で使用しており、2008年度は340万本が出荷され、337万本が回収された。

ペットボトル軽量化・薄肉化・小型化 ■軽量化・薄肉化・小型化
環境負荷低減を目的に、明石工場にて2006年12月より、また富士山工場にて2008年12月より、自社従来品と比較し、20%以上樹脂量を削減したPET2Lボトルの製造を開始した。さらに、2007年5月より、ボトルのくぼみ部分をもって注いでいただくと、もちやすく、注ぎやすいことが特長の「くぼみボトル」に改良した。また、PET280mlボトルでは、約24%の軽量化を実現した。
写真
プラスチック製品軽量化・薄肉化・小型化 ■軽量化・薄肉化・小型化
従来品と比較して、約10%の樹脂量を削減したエコグリップキャップを一部の商品に採用した。エコグリップキャップは、PETボトルのキャップの側面が通常の曲面ではなく、波型の凹凸がついており、キャップに力がかかりやすく、お子様や高齢者、女性でも開けやすいという特長がある。2007年7月から導入の可能な商品へ順次採用している。2008年には、エコグリップキャップ使用量は約5千万個となり、自社従来品と比べ1.5トンを超す樹脂量の削減とともに、CO2排出量を2トン以上削減することができた。
写真
また、『十六茶』などのPET2L商品には、ボトル本体にラベルを巻いた状態で、熱により貼付けを行う「感熱接着ラベル」を採用。このラベルは従来のラベルより約22%減量化しており、ミシン目タイプのラベルよりも「はがしやすい」という特長がある。
2007年は、三ツ矢サイダーのパッケージリニューアルに伴い、従来のラベルより15%面積の小さいラベルを採用した。
2008年には、十六茶PET500mlボトル(自動販売機用)でも10%のラベルショート化を行い、省資源化を実現した。PET275mlボトルでもお茶類を中心として、可能なものからラベルのショート化を実施している。これらのラベルのショート化により、CO2排出量を200トン以上削減となった。
写真 写真   写真 写真
275mlPETボトル   500mlPETボトル

易リサイクル化 ■易リサイクル化
ラベルを簡単にはがしてもらうための工夫として、新たにミシン目近くに「↓ここからはがせます」の表記を、富士山のバナジウム天然水のラベルを皮切りに順次採用。
写真写真
図


詰め替え化 ■その他
ブレンド茶『十六茶』のラベルに、環境にやさしい、植物由来の原料であるトウモロコシのでんぷんから作られたポリ乳酸を50%以上使用し、 “バイオマスプラマーク”を取得した「バイオマスラベル」を採用。PETボトル入りの清涼飲料水のラベルとしては業界初の取り組みとして、2008年に発売したPET490mlボトルに採用し、2009年からはPET500mlボトル(自動販売機用)で展開している。バイオマスラベルを使用しない場合と比較すると、年間で約283トンの二酸化炭素が削減できる予定である。(2008年『十六茶』PET500mlボトルの販売実績のラベル使用量で換算した場合)
また、ラベルの厚みは2008年に使用していたものと比べて約10%削減した。
写真
[ 情報登録日:2010年3月19日 ]
出典
アサヒ飲料株式会社ホームページ
八都県市容器包装ダイエット宣言「http://www.diet-youki.jp/index.php」