森永乳業株式会社 牛乳
軽量化・薄肉化・小型化 詰め替え化 簡易包装 リユース 易リサイクル化 その他
ガラスびん軽量化・薄肉化・小型化リユース ■軽量化・薄肉化・小型化
■リユース
2004 年11 月に四国、九州から導入し、2008年以降、全国で宅配用牛乳びんが軽量化されている。軽量化以前のびんは244gであったが、130gとなり、47%軽量化された。
びん本体は、薄肉化したガラスでできているが、外表面に樹脂コーティングを施すことで、耐久性を向上させた。つまり、樹脂コーティング(びん表面にウレタン樹脂等のコーティングをしたもの)により、原料となるガラスの量を減少させても同程度の強度を保てるようにし、軽量化を可能にした。
また、樹脂コーティングは、細かい傷の発生を防止し、びん同士の衝突による衝撃を吸収するような構造を可能とした。これにより、再利用の回数も30 回から60 回に増加した。
なお、びんを軽量化・小型化することにより、積載効率は28%改善され、これは従来トラック10台で輸送していたものが、8台ですむという試算であり、運送効率改善が期待される。
■軽量びん
写真

図

その他 ■その他最終的に廃棄されたガラスびんはカレットにされ、再びガラスびんの原料となるが、透明なびんの原料では、原料の90%以上がカレットとして使用されており、リサイクルにも注力している。
紙製容器包装軽量化・薄肉化・小型化 ■軽量化・薄肉化・小型化
2009年1から、紙製飲料容器「プリズマ200」のアルミ部分の削減を行い、ミルクとジュースの容器合わせて、年間約5トンのアルミ使用削減が見込まれている。また、ジュース容器では使用している樹脂も削減され、年間で約13トンの削減となる。
図

易リサイクル化 ■易リサイクル化人気のアイスクリーム商品「ピノ」。商品を消費した後、廃棄時に簡単に折りたため、省容量化できるように、側面にミシン目を入れた。これにより、廃棄時の箱がコンパクトになりかさばらなくなった。

写真図
プラスチック製品軽量化・薄肉化・小型化


■軽量化・薄肉化・小型化
カフェラッテでは、15.0gから14.5gに削減し、年間販売実績で換算すると、約208トンの樹脂使用量の削減につながった。

図


詰め替え化 ■詰め替え化
クリープに、130g、220gの2種類の詰め替えタイプを用意した。また、一目でわかりやすいように、パッケージにびんの写真を入れた。
写真写真

易リサイクル化 易リサイクル化
クラフト・パルメザンチーズの容器は、従来はプラスチック、紙、金属の複合容器が使われていたが、お客さまからの声をもとに、プラスチック素材へと単一化し、分別処理とリサイクルに適した容器になった。
写真

その他 その他
カフェラッテ製品のオーバーキャップは、オーバーキャップ打ち抜き後のシート廃材を粉砕・溶融し、ふたたびシートに加工している。これにより使用する樹脂の量を約40%削減することに成功した。
写真
[ 情報登録日:2010年3月19日 ]
出典
CSR報告書2008、2009
森永乳業 社会・環境報告書2005、2006、2007
H19「容器包装使用合理化事例集」経済産業省
森永乳業株式会社提供資料【食品産業センター3R取組みに関するアンケート調査】
■上記の内容についてのお問い合わせ先
 TEL 0120-369-744 お客様相談室
http://www.morinagamilk.co.jp/