日本水産株式会社 食料品
軽量化・薄肉化・小型化 詰め替え化 簡易包装 リユース 易リサイクル化 その他
紙製容器包装その他 ■その他
2009年3月発売の「オムライス」「オム焼きそば」では、プラスチック製のトレイに替えて、新たに紙素材のトレイを導入した。紙素材は、プラスチック製トレイに比べCO2排出量が少なく、環境負荷の少ない素材となっている。あわせて扱いやすく、おいしそうに見えるという利点も有し、お客さまにとってもより満足できる商品とした。
写真   写真
オムライス   オム焼きそば

写真
オムライス・オム焼きそばのトレイ
プラスチック製品軽量化・薄肉化・小型化
簡易包装
■軽量化・薄肉化・小型化
■簡易包装
冷凍麺、具材を入れていたトレイを廃止し、1製品当たりの容器包装重量を10g削減した。また、冷凍食品「五目春巻」のトレイの形状を変更し、1製品当たりの容器包装重量を2g削減した。
写真写真

易リサイクル化
詰め替え化
■易リサイクル化
■その他
フィッシュソーセージは、従来、包装材の両端をアルミニウム製のとめ金でとめていたが、株式会社クレハと協働して2006年からポリ塩化ビニリデン製のエコクリップに変更した。これにより、「剥きにくさ」「こびりつき」という消費者の不満を解消した。(2006年実施)
家庭でのごみの分別が容易になると同時に、アルミ資源の使用を年間120t削減した。
写真写真

写真
写真
[ 情報登録日:2010年3月19日 ]
出典
ニッスイ環境報告書2007、2008、2009
日本水産株式会社提供資料【食品産業センター3R取組みに関するアンケート調査】