株式会社ロッテ 食料品
軽量化・薄肉化・小型化 詰め替え化 簡易包装 リユース 易リサイクル化 その他
紙製容器包装軽量化・薄肉化・小型化 ■軽量化・薄肉化・小型化
「クランキー」や「チョココ」などの紙箱入りの商品で、商品包装の箱に使用する板紙の面積を縮小することで、紙の使用量削減を進めている。「チョココ」の箱は、強度を損なうことがないよう、寸法の見直しもあわせて行い、従来のものからそれぞれ2.8g(約7.6%)、1.0g(4.2%)削減した。「クランキー」の紙箱ではフラップを短縮し、従来品に比べて1.3g(3.5%)の軽量化を実現している。また、これらの商品については同時に開け口の切り込み形状を改良し、より開封しやすい工夫も行った。
写真
「モナ王マルチ・バニラ」のカートンの天面・底面フラップを短縮することで、2.0g(約5%)の軽量化を実現した。
写真
プラスチック製品軽量化・薄肉化・小型化 ■軽量化・薄肉化・小型化
「プチチョコパイ」に代表される、半生ケーキ製品の外装フィルムの素材を単一素材に変更した。従来は多層材質を使用するが、乳白OPP単一素材を採用し、従来比9.9%の軽量化を実現している。また、これまでの素材は無色透明であったため、フィルム全体に白色の印刷が必要だったが、今回の変更に際して白色のフィルムを採用したことで、印刷インキの使用量も削減できた。
写真
「モナ王」は、フィルムの厚みを5ミクロン薄くすることで、0.2g(約8%)の軽量化を、「カプッチョ」カップは、材質を変更することで、1.0g(約9%)の軽量化を実現した。また、「プチチョコパイ」では、トレイの厚みを薄くすることで、0.4g(約4%)軽量化できた。
写真写真

写真
「キシリトールガムファミリーボトル」は、ボトル本体部の成型方法を、インジェクションブロー成型からインジェクション成型と超音波シール方式の組み合わせに変更することで、3.65g(約10.7%)の軽量化を実現した。
「ポップジョイでは、外装フィルムを4層から2層にすることで、0.2g(約12%)軽量化を行った。
写真写真
その他易リサイクル化 ■易リサイクル化
ガムのボトルをエコボトルにしている(本体(紙)と蓋(プラスチック)。環境面を考えると、容器全体を紙にしたいところであるが、開閉式の蓋にはプラスチックが適しているため難しい。そこで、商品の品質保護を優先しつつ、可能な限り環境に配慮するため、蓋の部分を軽量化し、廃棄時に容器をリサイクルしやすいように、紙の部分とプラスチックの部分を取り外しやすいように工夫した。
写真写真
本体(紙)と蓋(プラスチック)が容易に分別できます
[ 情報登録日:2010年3月19日 ]
出典
ロッテ2008環境報告書
ロッテ2007環境報告書
■上記の内容についてのお問い合わせ先
 TEL 0120-302-300 お客様相談室
http://www.lotte.co.jp/top.html