食品リサイクルを推進する二つの認証制度
【食品リサイクルに係る認証制度のご案内】
 食品産業センターでは、食品リサイクルに積極的に取り組まれている事業者等を適正に評価するため、優良な取り組み及び製品を認証する2つの制度を構築しました。
 ともに農林水産省の補助事業として、当センターに検討委員会を設置し、委員による検討を重ね構築したのもです。
 関連する皆様には、本制度を積極的に活用されますようご案内申し上げます。
             
食品関連事業者認証制度・登録制度「エコアクション21」
 この制度は、エコアクション21食品関連事業者向けマニュアルのガイドラインに沿って、食品リサイクルと環境への取り組みを行っている食品関連事業者を適正に評価し、認証・登録するものです。
認証・登録された事業者は、パンフレットやカタログ、名刺などに、「食品リサイクル優良事業者」の赤文字をロゴマーク上部に入れて使用することができます。
 なお、運用は財団法人地球環境戦略研究機関 持続性センター エコアクション21中央事務局(「エコアクション21中央事務局」)が行っております。
 詳しくはこちらからご確認ください
「エコアクション21‐食品関連事業者認証制度・登録制度」

「食品リサイクル製品‐認証・普及制度」
 食品循環資源(食品廃棄物等のうち有効利用されるもの)から作られた肥料を第三者認証機関が認証し、その肥料で育てた農産物と、その農産物を使用して製造された加工食品に識別マークを与える「食品リサイクル製品−認証・普及制度」が制定されました。本制度は、財団法人日本土壌協会が運営主体となり、平成21年4月1日から本格的な運用を開始しています。
 詳しくはこちらからご確認ください
「食品リサイクル製品‐認証・普及制度」
制度のご案内
認証製品の紹介(認証第1号:(有)三功)