食品リサイクル法
法改正のポイント

法の基本理念と改正の経緯

食品リサイクル法の基礎知識

再生利用等に取り組むときの優先順位

再生利用等実施率の計算

定期報告義務の創設

再生利用を促進する制度
再生利用事業計画認定制度について
再生利用事業計画認定制度Q&A
特定農畜水産物等と引取量の計算
登録再生利用事業者制度について

食品リサイクル法Q&A

お問い合わせ先

TOPへ

再生利用を促進する制度
登録再生利用事業者制度
食品リサイクル法では、食品関連事業者が食品循環資源の再生利用に取り組むときに、より実施しやすい環境を整えるためにいくつかの制度を設けています。登録再生利用事業者制度もその一つで、優良な再生利用事業者を育成することを目的として、再生利用事業を的確に実施できる一定の要件を満たすものを、登録する制度です。食品リサイクル法では、食品関連事業者が食品循環資源の再生利用に取り組むときに、より実施しやすい環境を整えるためにいくつかの制度を設けています。登録再生利用事業者制度もその一つで、優良な再生利用事業者を育成することを目的として、再生利用事業を的確に実施できる一定の要件を満たすものを、登録する制度です。

登録の要件
肥飼料化等の事業内容が、生活環境の保全上支障がないものであること
施設の種類や規模が、事業を効率的に実施するに足りるものであること(食品循環資源の処理能力5トン以上/日)
事業実施に十分な経理的基礎があること
  図

登録された場合のメリット
食品関連事業者にとって
 
優良な再生利用事業者の選択が容易になります。
再生利用事業者にとって
 
登録されることにより、受託先の拡大等が期待できます。
肥料取締法・飼料安全法の特例が受けられます。製造、販売等の届出を重ねて行うことは不要になります。
廃棄物処理法の特例が受けられます。荷卸し地における一般廃棄物の運搬にかかる業許可が不要になります。(荷積み地における市町村からの業許可は必要)
 

 
食品産業センター