食品リサイクル法
法改正のポイント

法の基本理念と改正の経緯

食品リサイクル法の基礎知識

再生利用等に取り組むときの優先順位
再生利用等の優先順位
発生を抑制する
再生利用する
熱回収する
減量する

再生利用等実施率の計算

定期報告義務の創設

再生利用を促進する制度

食品リサイクル法Q&A

お問い合わせ先

TOPへ

再生利用等の優先順位 再生利用等の優先順位
1発生を抑制する

実施にあたって求められること
業種の特性や取引・販売の実態を踏まえた取組を行うことが求められます。
食品製造業は、不良品の発生率の低下、過剰納入の自粛、未使用原材料の有効利用に取り組む。
食品卸売業や食品小売業は、過剰な仕入や安易な返品の抑制に努める。
食品小売業は、消費期限が近づいている商品の値引き販売など、食品が廃棄物にならないよう販売方法を工夫する。
外食産業は、メニュー、盛り付けの工夫、食べ残しがなかった場合にメリットを付与するなど、食べ残しの削減に積極的に取り組む。
全ての食品関連事業者は自らの取組をPRするなど消費者の理解の促進に努める。
ディスポーザーを使って食品残さなどを粉砕して下水に流した場合は発生抑制となりません。




 
食品産業センター