食品リサイクル法
法改正のポイント

法の基本理念と改正の経緯

食品リサイクル法の基礎知識

再生利用等に取り組むときの優先順位
再生利用等の優先順位
発生を抑制する
再生利用する
熱回収する
減量する

再生利用等実施率の計算

定期報告義務の創設

再生利用を促進する制度

食品リサイクル法Q&A

お問い合わせ先

TOPへ

再生利用等の優先順位
発生を抑制する、再生利用する、熱回収する、減量するが  再生利用等に取り組むときの優先順位です。

まず、製造、流通、消費の各段階で食品廃棄物等そのものの発生を抑制する。次に、再資源化できるものは飼料や肥料などへの再生利用を行う。再生利用が困難な場合に限り熱回収をする。さらに、再生利用や熱回収ができない場合は脱水・乾燥などで減量して適正に処理がしやすいようにします。
また、食品関連事業者がこれらを実施するにあたっての基準が定められています。



4右へ4右へ4右へ4
イラスト
 
食品産業センター