食品リサイクル法
法改正のポイント

法の基本理念と改正の経緯

食品リサイクル法の基礎知識

再生利用等に取り組むときの優先順位

再生利用等実施率の計算

定期報告義務の創設

再生利用を促進する制度

食品リサイクル法Q&A

お問い合わせ先

TOPへ

法の基本理念と改正の経緯
食品循環資源の再生利用等を一層促進するため、 食品リサイクル法が改正されました。

食品リサイクル法の基本理念
食品リサイクル法は、大量消費・大量廃棄型社会から循環型社会への転換が急がれる状況の中で、食品廃棄物等の排出の抑制と資源としての有効利用を推進するために平成12年に制定されました。
食品の製造、流通、消費、廃棄等の各段階で、食品廃棄物等に係わるものが、一体となって、まず食品廃棄物等の発生抑制に優先的に取り組み、次いで食品循環資源の再生利用および熱回収、ならびに食品廃棄物等の減量(これらを食品リサイクル法では食品循環資源の再生利用等といいます)に取り組むことで、環境負荷の少ない循環を基調とする循環型社会の構築をめざします。

食品廃棄物等の発生状況
食品産業における食品廃棄物等の発生量は、平成13年度の1,092万トンから平成18年度の1,135万トンまで微増傾向で推移しており、発生抑制が進んでいるとはいえない状況です。
食品廃棄物等の発生量の推移
グラフ
資料: 「食品循環資源の再生利用等実態調査報告」農林水産省統計部より計算

法改正の経緯
法律の施行から5年が経過し、食品廃棄物等の発生量が微増傾向で推移する中で、食品産業全体の再生利用等の実施率は着実に向上し、一定の成果が認められるものの、食品小売業や外食産業では、多種多様な食品廃棄物等が少量かつ分散して発生することなどから、依然として十分に再生利用等がなされていないことが明らかになりました。
こうした状況を踏まえ、今回の法改正では、食品循環資源の再生利用等を一層促進するため、これら食品関連事業者に対する指導監督の強化と再生利用等への取組を円滑にする措置が講じられました。

食品循環資源の再生利用等の現状
食品循環資源の再生利用等実施率は、食品産業全体では平成13年度の37%から平成18年度の53%へ着実に向上しています。しかし、業種別に見ると食品製造業が高い実績を上げる一方、食品小売業や外食産業では、取組が進んでいるとはいえない状況にあります。
食品循環資源の再生利用等実施率の推移
グラフ
資料:「食品循環資源の再生利用等実態調査報告」農林水産省統計部より計算

 
食品産業センター