環境基本法
■法律制定の目的 環境基本法は、地球環境問題への認識が高まる中で、地球環境保全は全人類の課題であるとともに、国民の健康で文化的な生活を確保するために不可欠であるとの考えから、環境保全についての国の基本的な方向を示す法律として、平成5年に制定されました。
■法律のポイント 環境基本法は、・環境保全が人間の健康で文化的な生活に欠くことのできないものであることを認識し、環境を健全で恵み豊かなものとして維持すること。・環境への負荷の少ない健全な経済の発展を図りながら持続的に発展することができる社会を構築すること。・地球環境保全は我が国の能力を生かして国際的協調のもとに積極的に推進されなければならないこと。を基本理念として掲げています。
○ホームページ
環境基本法の参考になるホームページです。
環境基本計画関連 環境省