センターからのお知らせ

「高齢者向け加工食品の製造・流通推進に向けて ガイドライン」を公開しました(農林水産省 委託事業)

 高齢者向けの加工食品の流通について、全体流通量の約8割を占める医療施設・老人福祉施設等への業務用食品については、施設に滞在する高齢者用に比較的安定的な製造・流通が確保されているものの、残りの2割の一般小売向けの加工食品については、一部のメーカーが取り扱っているだけであり、高齢者向け加工食品への一般消費者のアクセスが非常に困難な状況となっています。このように、高齢者向け加工食品の一般小売については、将来的に今後も増加すると考えられる在宅高齢者の需要が見込まれる中で、現在の供給量との間には大きなギャップが生じています。
 このため、高齢者向け加工食品のうち、一般小売向け加工食品を推進するための課題を明確化するとともに、食品製造業・小売業等の円滑な連携等による安定的な高齢者向け加工食品の提供のための方策を検討し、課題や対応方向等を整理し、食品産業(製造業・小売業等)にフィードバックすることにより、将来の高齢社会における民間主体での取組みの拡大を期待し、本ガイドラインを策定したものです。

◇「高齢者向け加工食品の製造・流通推進に向けて ガイドライン」
.イドライン(PDF 334KB)
▲イドライン(資料編)(PDF 790KB)


一般財団法人食品産業センター企画調査部 担当:水田
〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル
TEL:03-3224-2369
FAX:03-3224-2398

  • センターからのお知らせ
  • セミナー・イベント情報
  • 出版物のお知らせ
Google
サイト内検索 WWW

  • 画面上部へ戻る