セミナー・イベント情報

地域食品ブランド確立実践研修会 沖縄で開催!

 平成18年4月、地域ブランドを適切に保護し、地域経済の発展を支援することを目的として「地域団体商標制度」がスタートするなど、近年、「地域ブランド」が注目されています。
 一方で、地域食品においては付加価値の高い食品が多く見られるにもかかわらず、そのブランドをどのように確立し販売すればよいかということや、商標登録する意義、必要性、登録後のブランディングなどについて、あまり理解されていないのが現状です。
 そこで、一般財団法人食品産業センターは、昨年度、研修会内のグループワークに参加した約7割の参加者が「研修会で学んだことを自社に活かしている」と好評を得た研修会を、今年度も開催することになりました。
 是非、この機会に地域食品ブランドの確立、保護の必要性及びメリット等についての理解を深め、実践するスキルを身に付けてみませんか。
 また、事前登録にて「地域団体商標相談」を受付していますので、是非、ご活用下さい。

お申し込みはこちらから参加申込書

◆日時:平成22年11月16日(火)
10:00〜16:30(9:30受付開始)

◆会場:沖縄産業支援センター 1階ホール
沖縄県那覇市字小禄1831番地1

◆定員:40名(申込先着順)

◆参加費:無料

【プログラム】
開会 10:00

1)基調講演(10:05〜11:35)
「地域の文化と食をつなげた地域食品のブランディング(仮題)」
講師:パルシステム生活協同組合連合会 常務執行役員 山本伸司 氏

2)制度説明(11:40〜12:10)
「地域団体商標制度」について
講師:沖縄総合事務局 経済産業部 地域経済課 特許室 特許係長 星野英也 氏

休憩・個別相談(「地域団体商標制度」相談コーナー、「本場の本物」展示)
(12:20〜13:20)

3)事例発表(13:30〜14:00)
「本場の本物・地域団体商標取得における枕崎鰹節のブランド化の取組について(仮題)」
発表者:枕崎水産加工業協同組合 総括部長 小湊芳洋 氏

4)ワークショップ(14:00〜16:30)
ブランド確立・販売戦略についてグループ討議
テーマ「だし文化を継承している琉球料理を参考にした、鰹節のブランド化と販売戦略の展開方法について(仮題)」
講師:パルシステム生活協同組合連合会 常務執行役員 山本伸司 氏

閉会 16:30

◆主催:一般財団法人食品産業センター
◆共催:沖縄県食品産業協議会
◆協力:特許庁

《申込み・問い合わせ先》
参加を希望される方は、参加申込書により11月12日(金)17:00までにFAXまたは郵送でお申し込み下さい。定員になり次第締め切らせていただきますので、定員に達し、ご参加いただけない方には、後日、事務局よりご連絡させていただきます。

一般財団法人食品産業センター 振興部(担当:二瓶、宮)
電話 03−3224−2392(直通) FAX 03−3224−2397

  • センターからのお知らせ
  • セミナー・イベント情報
  • 出版物のお知らせ
Google
サイト内検索 WWW

  • 画面上部へ戻る