資料ライブラリー

平成20年度食品産業における取引慣行の実態調査報告書

食品産業センターでは、大規模小売業による優越的地位の濫用の問題について積極的の取り組んでおり、平成7年よりほぼ毎年食品メーカーを対象に実態調査を行っています。平成20年度は、平成21年1月から2月にかけて、食品メーカー1400社を対象にアンケート調査を実施しました。
今回の調査では、ゞ┿振癲▲札鵐拭璽侫ー、従業員派遣に加え、不当な値引き・特売商品等の買いたたき等についての実態把握を前回に引き続き行うとともに、昨年4月から施行された業者間取引における表示義務化等の下での“過度の”情報開示、試験検査・費用負担の要求についての実態把握を試みました。い泙拭∋楾圓気譴藤廓余りを経た「大規模小売業告示」に対する認知度、影響度についても引き続き調査を行い、その結果をまとめました。
アンケート調査編中には、回答者から寄せられた様々な事例を掲載しました。

◇「平成20年度食品産業における取引慣行の実態調査報告書」
   (鷙霆顱覆呂犬瓩法Τ詰廖 (pdf 427KB)
   ∧鷙霆駛槓検淵▲鵐院璽板敢妻圈法pdf 1,102KB)
   I嫗飴駑繊淵▲鵐院璽板敢塞次 (pdf 256KB)
   全体( 椨◆椨) (pdf 1,554KB)




一般財団法人食品産業センター企画調査部 担当:徳永
〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル
TEL:03-3224-2379
FAX:03-3224-2397

  • 出版物のお知らせ
  • 資料ライブラリー

新着情報

  • センターからのお知らせ
  • セミナー・イベント情報
  • 出版物のお知らせ
Google
サイト内検索 WWW

  • 画面上部へ戻る