• ホーム>
  • 出版物のお知らせ
  • 「食事バランスガイド」活用マニュアル〜スーパーマーケット&コンビニエンスストア編〜を作成いたしました

出版物のお知らせ

「食事バランスガイド」活用マニュアル〜スーパーマーケット&コンビニエンスストア編〜を作成いたしました

「食事バランスガイド」とは、平成17年6月に厚生労働省と農林水産省により、食生活指針を具体的な行動に結びつけるものとして、食事の望ましい組合せやおおよその量をわかりやすく示したものです。簡単に言うと、「何を」「どれだけ」食べたらよいか、という「食事」の基本を身に付けるため、わかりやすくイラストで示したものです。

 それでは、実際に「食事バランスガイド」を普及・活用するにはどのような方法があるのでしょうか。日頃、私たちはどのような場面で食品を購入したり、食べたりしているのでしょうか。前者では多くの人がスーパーマーケットやコンビニエンスストアといった小売店で食品を購入し、後者では食卓をはじめ、ファミリーレストランやファーストフードといった外食があげられることでしょう。つまり、実際に「食事バランスガイド」をお客様に認知してもらい活用してもらうためには、上述したようなお客様が食品などを選択し購入する場所において、情報提供することが効果的であると考えられるとともに、情報提供方法もその対象のニーズにあった方法を実施することがより効果的であると考えられます。それにより、お客様に「食事バランスガイド」を認知していただくのみならず、お客様に対し情報提供する企業の姿勢も、社会的責任の観点から評価されるのではないでしょうか。

 一般財団法人食品産業センターでは、農林水産省補助事業「フードガイド普及・活用推進事業」において、私たちが日常的に食品を選択・購入する場所の1つであるスーパーマーケット及びコンビニエンスストアの店頭を利用し、「食事バランスガイド」をどのように普及し活用すればよいか、実証試験結果を参照しながら、その普及・活用方法をマニュアルとして作成しました。これを参考に、店舗において情報提供方法や社員教育を行う際に活用していただき、スーパーマーケット及びコンビニエンスストアでの「食事バランスガイド」の普及・活用の一役となれればと思います。

◆「食事バランスガイド」活用マニュアル(ダウンロード・PDF)

(全ページダウンロード)・全ページ(PDF)

(項目別ダウンロード)
1.はじめに(PDF)
2.目 次(PDF)
3.マニュアルの使い方(PDF)
.「食事バランスガイド」って?(PDF)
5.よくある質問(PDF)
6.店頭での活用法には、どんな方法があるの?(PDF)
 (1)ポスターを作るには?
 (2)看板等(POP)を作るには?
 (3)リーフレットを作るには?
 (4)宣伝用DVDを作るには?
 (5)社員教育はどう行えばいいの?
 (6)サービング数をどう計算して表示すればいいの?
 (7)レシピを作って提案するには?
 (8)食生活相談コーナーを設けるには?
 (9)バランス弁当を開発するには?

*「食事バランスガイド」おすすめレシピダウンロード(PDF)
 活用マニュアルに掲載しているレシピ(図6 B5版 さんまの蒲焼き風除く)をご利用したい方は、下記からダウンロードすることができます。
 ・裏面(共通)
 ・サーモンの一口ソテー
 ・さんまとピーマンの中華風炒め
 ・さんまの韓国風焼き
 ・ぶりのマヨネーズ焼き
 ・ぶりの酒蒸し野菜味噌ソース
 ・ぶりのオイスター照り焼き
 ・鮭のきのこクリームソース
 ・鮭のぽん酢蒸し

7.各店舗でのモデル的取組み紹介コーナー(PDF)
 (1)イトーヨーカ堂における取組み
 (2)ライフにおける取組み
 (3)ローソンにおける取組み
 (4)3社の活用方法の一覧表
8.参考になる資料(PDF)
 (1)「食事バランスガイド」図案利用規定
 (2)30〜60歳代の男性の肥満者、単身者、子育てを担う世代へのメッセージ 
 (3)「食事バランスガイド」を構成する内容

◆お問合せ先
 普及・食育推進部(担当:二瓶)
 電話:03-3224-2392/2389 FAX:03-3224-2397/2398

  • センターからのお知らせ
  • セミナー・イベント情報
  • 出版物のお知らせ
Google
サイト内検索 WWW

  • 画面上部へ戻る