本場の本物ロゴ
「本場の本物」とは
認定までの流れ
現在の認定品目

沖縄黒糖
鹿児島の壷造り黒酢
小豆島佃煮
足柄茶
草加せんべい
奥久慈凍みこんにゃく
大豊の碁石茶
小豆島桶仕込醤油
船橋三番背海苔
小豆島オリーブオイル
伊勢本かぶせ茶
沖ヶ浜田の黒糖
枕崎鰹節の本枯節
市房漬
三河産大豆の八丁味噌
山形の漬物
土佐黒潮天日塩
堂上蜂屋柿
市房漬のきりしぐれ
雲仙こぶ高菜漬
佐賀関くろめ醤油味付
鳥取砂丘らっきょう
松江の炭火あご野焼き
飛騨・高原山椒
沖縄そば(茹麺)
相知高菜漬
東出雲のまる畑ほし柿
紀州雑賀崎灰干しさんま
奥飛騨山之村寒干し大根
利島特産 食用つばき油
仙台みそ
檜山納豆
別府産乾しいたけ
出雲の菜種油
鴨方手延べそうめん
伊勢たくあん
薩摩菓子 軽羹
五島手延うどん(国内産小麦使用)
小城羊羹(切り羊羹)
焙炉式八女茶
雲州平田の生姜糖(出西生姜糖)
吉野本葛(吉野葛)
深蒸し掛川茶
越前の御雲丹(越前仕立て汐雲丹、粉雲丹)
昆布森の棹前昆布
[本場の本物]の公募
産地探訪・冊子
お問い合せ先
食品産業センターへ
トップへ戻る
 
良質のやわらか昆布を浜の天日干しで仕上げる最高級の早煮昆布。昆布森の棹前昆布
ここが本物
北海道釧路郡釧路町昆布森
日本の昆布の約90%は、北海道産。なかでも道東の太平洋側に位置する昆布森は、江戸時代から今日に至るまで早煮えが特色の長昆布の産地として知られています。
本物のゆえんと魅力
写真棹前昆布とは、成長した昆布漁の解禁を棹入れ(さおいれ)といい、棹入れ時より前に採取する昆布のこと。広く釧路地方で採取されますが生育環境により品質に違いが生じます。多くの産地があるなかでも「昆布森の棹前昆布」は最高品として高く評価されています。
その要因は、親潮の恵みに加え、多くの河川があって森のミネラルなどが海へと注ぎこみ、とくに海の栄養が豊富なこと。昆布森の岩盤は昆布が着床しやすいこと、この岩盤海域は水深5mほどと浅く、昆布が光合成で成長するに最適という好環境となっているから。
「昆布森の棹前昆布」の特色は、良質な昆布を、昔ながらの天日干し製法で仕上げることで得られます。とくに天日干しは品質を左右する重要な工程で、これにより色目は黒く艶があり、品質維持の期間も格段と長くなり、紫外線の作用でアミノ酸が増えてうま味成分を多く含む製品ができあがるのです。なお、葉が柔らかなので早く煮えることから、早煮昆布ともいわれ、昆布巻きや、昆布巻き、サラダに利用されています。
本物を育てた歴史と背景
昆布森は、その地名で豊かな昆布群落がイメージできるように、昔から昆布の産地として知られています。当地は道東の太平洋岸にあって、親潮がもたらす海の恵みを受け、昆布漁・鮭漁・ニシン漁が地域を支えてきました。昆布漁の始まりは、江戸時代に蝦夷地(北海道の旧称)を治めた松前藩政下での漁場請負制(統治形態の方式)によるとされ、18世紀前期頃からと伝わっています。また江戸時代には、北前船が日本海を南下し下関経由で大阪(のちに鹿児島や沖縄へ、沖縄から中国へ輸出)へ昆布を運んでおり、航路は「昆布ロード」と呼ばれて、船の寄港地および目的地の北陸・大阪・沖縄など日本各地の昆布食文化に密接に関係しています。つまり、昆布森は昆布ロードの出発点でもあったといえるのです。
「昆布森の棹前昆布」の名称は、昭和24(1949)年に昆布森漁業協同組合が設立された当初から「棹前昆布」の名称を使っており、長年にわたって親しまれています。
昆布森漁業協同組合:TEL. 0154-63-2311