本場の本物ロゴ
「本場の本物」とは
認定までの流れ
現在の認定品目

沖縄黒糖
鹿児島の壷造り黒酢
小豆島佃煮
足柄茶
草加せんべい
奥久慈凍みこんにゃく
大豊の碁石茶
小豆島桶仕込醤油
船橋三番背海苔
小豆島オリーブオイル
伊勢本かぶせ茶
沖ヶ浜田の黒糖
枕崎鰹節の本枯節
市房漬
三河産大豆の八丁味噌
山形の漬物
土佐黒潮天日塩
堂上蜂屋柿
市房漬のきりしぐれ
雲仙こぶ高菜漬
佐賀関くろめ醤油味付
鳥取砂丘らっきょう
松江の炭火あご野焼き
飛騨・高原山椒
沖縄そば(茹麺)
相知高菜漬
東出雲のまる畑ほし柿
紀州雑賀崎灰干しさんま
奥飛騨山之村寒干し大根
利島特産 食用つばき油
仙台みそ
檜山納豆
別府産乾しいたけ
出雲の菜種油
鴨方手延べそうめん
伊勢たくあん
薩摩菓子 軽羹
五島手延うどん(国内産小麦使用)
小城羊羹(切り羊羹)
焙炉式八女茶
雲州平田の生姜糖(出西生姜糖)
吉野本葛(吉野葛)
深蒸し掛川茶
越前の御雲丹(越前仕立て汐雲丹、粉雲丹)
昆布森の棹前昆布
[本場の本物]の公募
産地探訪・冊子
お問い合せ先
食品産業センターへ
トップへ戻る
 
江戸時代から名を馳せるウニの風味が濃厚な日本三大珍味のひとつ。越前の御雲丹(越前仕立て汐雲丹・粉雲丹)
ここが本物
福井県福井市
福井県は、昔から越前カニとともに越前ウニも当地名産の海産物。近年は漁獲量が減少したので国産ウニを入荷していますが、取り扱いの本場は福井県福井市になります。
本物のゆえんと魅力
写真ウニ・海胆・雲丹の表記で「雲丹」とは、生食のウニではなく、ウニの塩加工食品のこと。「越前の御雲丹」はウニのうま味が凝縮した塩加工食品で、江戸時代に「天たつ祖先が製法を考案したものです。
「越前の御雲丹」の原料になるバフンウニは、磯の香りと甘味が強く、塩蔵法に適した種類です。ただし直径3〜4cmと小形なので、ウニの身=卵巣の量も極めて少なく、このため100gの「越前の御雲丹(汐雲丹)」には100個以上のウニが使われるという贅沢さとなっています。なお、原料は塩とバフンウニのみで、練りウニ製品でよくあるアルコールやミョウバン、でんぷんは一切使用していません。
「越前仕立ての御雲丹(汐雲丹)」は、江戸時代より約200年引き継がれた塩蔵法によって、すべて手仕事で仕上げられています。「越前の御雲丹(粉雲丹)」は、汐雲丹を乾燥粉砕して、竹の筒容器に入れたふりかけです。酒の肴や贈答品に根強い人気がある珍味です。
本物を育てた歴史と背景
ウニは奈良時代から越前(福井県の旧名)の名産物であり、奈良・平安時代には若狭街道を経由して奈良の平城京へ、京都の平安京へ、日本海の魚類やアワビとともに献上されていました。
「雲丹」(加工品)の誕生は、江戸時代後期、越前福井藩主の松平治好公(第13代藩主/1768~1826年)の治世に入ってからのことです。城下の天野五兵衛(天たつ当主3代目)は、治好公より「日持ちするウニの貯蔵品」をつくるようにと命じられたことを受けて、現代に続く塩蔵法による「越前仕立て御雲丹(汐雲丹)」を考案。福井藩がこれを朝廷・諸藩への献上用・接待用に使って好評を得ました。徳川将軍家にさまざまに献上される品々のなかでも「長崎のからすみ」「尾張のこのわた」「越前の雲丹(汐雲丹)」、この3品は美味であり、希少価値が高く、天下の三大珍味と称されていました。ちなみに、昔は汐雲丹百匁(もんめ)(約400g)が米1俵(約60kg)と交換されていたほどです。
天たつ:TEL. 0776-22-1679