本場の本物ロゴ
「本場の本物」とは
認定までの流れ
現在の認定品目

沖縄黒糖
鹿児島の壷造り黒酢
小豆島佃煮
足柄茶
草加せんべい
奥久慈凍みこんにゃく
大豊の碁石茶
小豆島桶仕込醤油
船橋三番背海苔
小豆島オリーブオイル
伊勢本かぶせ茶
沖ヶ浜田の黒糖
枕崎鰹節の本枯節
市房漬
三河産大豆の八丁味噌
山形の漬物
土佐黒潮天日塩
堂上蜂屋柿
市房漬のきりしぐれ
雲仙こぶ高菜漬
佐賀関くろめ醤油味付
鳥取砂丘らっきょう
松江の炭火あご野焼き
飛騨・高原山椒
沖縄そば(茹麺)
相知高菜漬
東出雲のまる畑ほし柿
紀州雑賀崎灰干しさんま
奥飛騨山之村寒干し大根
利島特産 食用つばき油
仙台みそ
檜山納豆
別府産乾しいたけ
出雲の菜種油
鴨方手延べそうめん
伊勢たくあん
薩摩菓子 軽羹
五島手延うどん(国内産小麦使用)
小城羊羹(切り羊羹)
焙炉式八女茶
雲州平田の生姜糖(出西生姜糖)
吉野本葛(吉野葛)
深蒸し掛川茶
越前の御雲丹(越前仕立て汐雲丹、粉雲丹)
昆布森の棹前昆布
[本場の本物]の公募
産地探訪・冊子
お問い合せ先
食品産業センターへ
トップへ戻る
 
長めの蒸し時間による美しい緑色と濃いうま味の高級煎茶。深蒸し掛川茶
ここが本物
静岡県掛川市
日本一の茶どころ静岡県でも、掛川市は県内トップクラスの生産量を誇る地域。水・光・気温の茶の生育条件よく、とくに日照時間が長く、深蒸し用の茶栽培に適した風土です。
本物のゆえんと魅力
写真静岡の掛川市は「深蒸し茶」のふる里。「深蒸し茶」とは、普通蒸しの煎茶(一般的な煎茶)の2〜3倍の蒸し時間をかけて茶を仕上げていく製茶法であり、掛川市で研究開発されました。長めの蒸し時間により、渋味・苦味がとれて甘味とうま味が際立ち、香りはまろやかになります。また、繊維からエキスが抽出されやすくなるため、普通蒸しの煎茶よりも鮮やかな緑色のお茶が楽しめるのです。同時に、カテキンやビタミン類・食物繊維など健康によい成分が溶けだすのも特色です。
「本場の本物」に認定された「掛川の深蒸し茶」の最高級ブランド「天葉(あまね)」の原料になる茶葉は4月の新茶の初期に摘まれた非常にやわらかく小さな生葉で、色・形・香味などの厳しい官能審査に合格した最高級茶。一般的に上等とされる5月の八十八夜頃に摘んだ生葉と比べても、より新鮮で上品な香りが強くなっています。極上のうま味と香りに加え、ヘルシーさでも注目を集めています。
本物を育てた歴史と背景
掛川茶の起源は戦国時代の末期(1570〜92年)頃に、当地の永住寺の檀徒が西国から茶の種を持ち帰ったことから。1600年に掛川城主の山内一豊公が徳川家康を茶でもてなしたと記録があるほか、幕末には茶が輸出品となって販路が開けたのをきかっけに、明治時代後期には主要作物となり、茶の栽培とともに製茶業・茶商などの茶関連の産業が盛んになり現在に引き継がれています。
昭和29(1954)年に、複数の町村が合併して掛川市が誕生。はじめ普通蒸しの煎茶(一般的な煎茶)がつくられていましたが、昭和50(1960)年頃から深蒸し製法の煎茶が盛んに取りいれられるように。「深蒸し製法」は、茶商の鈴木茂らが当地の茶葉の特性を活かすべく昭和30(1955)年代より研究・改良を重ねて開発した新しい製茶法で、掛川茶の特性を活かすことに成功し、次第に「掛川の深蒸し茶」の出荷量が伸びてゆきました。最近では、全国的な茶の品評会に「深蒸し煎茶の部」がおかれて以降、農林水大臣賞はじめ多くの賞を毎年のように受けており、高品質が認められています。
掛川茶振興協会:TEL. 0537-21-1216