本場の本物ロゴ
「本場の本物」とは
認定までの流れ
現在の認定品目

沖縄黒糖
鹿児島の壷造り黒酢
小豆島佃煮
足柄茶
草加せんべい
奥久慈凍みこんにゃく
大豊の碁石茶
小豆島桶仕込醤油
船橋三番背海苔
小豆島オリーブオイル
伊勢本かぶせ茶
沖ヶ浜田の黒糖
枕崎鰹節の本枯節
市房漬
三河産大豆の八丁味噌
山形の漬物
土佐黒潮天日塩
堂上蜂屋柿
市房漬のきりしぐれ
雲仙こぶ高菜漬
佐賀関くろめ醤油味付
鳥取砂丘らっきょう
松江の炭火あご野焼き
飛騨・高原山椒
沖縄そば(茹麺)
相知高菜漬
東出雲のまる畑ほし柿
紀州雑賀崎灰干しさんま
奥飛騨山之村寒干し大根
利島特産 食用つばき油
仙台みそ
檜山納豆
別府産乾しいたけ
出雲の菜種油
鴨方手延べそうめん
伊勢たくあん
薩摩菓子 軽羹
五島手延うどん(国内産小麦使用)
小城羊羹(切り羊羹)
焙炉式八女茶
雲州平田の生姜糖(出西生姜糖)
吉野本葛(吉野葛)
深蒸し掛川茶
越前の御雲丹(越前仕立て汐雲丹、粉雲丹)
昆布森の棹前昆布
[本場の本物]の公募
産地探訪・冊子
お問い合せ先
食品産業センターへ
トップへ戻る
 
江戸時代から創業以来の製法で手づくりする甘辛風味の山陰銘菓。雲州平田の生姜糖(出西生姜糖)
ここが本物
島根県出雲市
雲州平田とは、現在の島根県出雲市平田地区の旧称。江戸時代、雲州平田の粋人が地元の出西生姜を主原料に生姜糖を考案し、その製法が代々にわたり受け継がれています。
本物のゆえんと魅力
写真生姜糖とは、生姜の絞り汁の砂糖液を煮詰めて固めた菓子。生姜ならではのツンとする辛さと砂糖の甘さの二重の趣が楽しめます。
「雲州平田の生姜糖」の特色は、炭火の窯で煮詰める伝統製法と、特産の出西(しゅっさい)生姜を原料にしていること。この生姜は、同じ種生姜を他の場所で植えても普通の生姜になってしまう希少種で、「幻の生姜」とも呼ばれています。出西生姜は一般の生姜よりも小ぶりで、香りがたち、強い辛味とともに甘味がある、生姜特有のえぐ味が少ない、繊維質が少ないなど、生姜糖に加工しやすい素材なのです。
製造は機械を使わず、全て手作業で行われます。生姜の絞り汁の砂糖液を煮詰めるときに、あえて炭火を使うのは、遠赤外線効果によりガスや電気よりも火の通りが均一で砂糖が焦げない、生姜の色・香り・風味が損なわれにくいからなどの利点があるから。保存料や添加物も一切使用していません。昔と変わらぬ製法でつくられる「雲州平田の生姜糖」は、おだやかな半透明色で、手づくりのやさしさも人気の秘密となっています。
本物を育てた歴史と背景
今から約300年前、当地の來間屋文左衛門が茶席にむく菓子を考案したのが「雲州平田の生姜糖」の始まりです。
当時、隣町の出西町からの行商が香りのよい生姜を売り歩いていました。正徳5(1715)年、文左衛門はその生姜と居住の平田地域で栽培されていたサトウキビに着目して、品格があり日持ちする菓子ができるとひらめき、「雲州平田の生姜糖」を完成させたのです。
その後、文化年間(1804〜1817年)に、第11代将軍の徳川家斉公および松江藩主にしばしば献上して、そのつど賞賛を受けたことで「雲州平田の生姜糖」が広く知られることに。以降、当地で生姜糖がつくられ、大正から昭和初期には平田地域(現在の出雲市平田町)の菓子屋20軒のほとんどが生姜糖を手掛けており、「雲州平田の生姜糖」は山陰名物として愛されてきました。なお、現在、生姜糖を手掛ける店は1軒だけとなっています。
山陰名産 來間屋生姜糖本舗:TEL. 0853-62-2115