本場の本物ロゴ
「本場の本物」とは
認定までの流れ
現在の認定品目

沖縄黒糖
鹿児島の壷造り黒酢
小豆島佃煮
足柄茶
草加せんべい
奥久慈凍みこんにゃく
大豊の碁石茶
小豆島桶仕込醤油
船橋三番背海苔
小豆島オリーブオイル
伊勢本かぶせ茶
沖ヶ浜田の黒糖
枕崎鰹節の本枯節
市房漬
三河産大豆の八丁味噌
山形の漬物
土佐黒潮天日塩
堂上蜂屋柿
市房漬のきりしぐれ
雲仙こぶ高菜漬
佐賀関くろめ醤油味付
鳥取砂丘らっきょう
松江の炭火あご野焼き
飛騨・高原山椒
沖縄そば(茹麺)
相知高菜漬
東出雲のまる畑ほし柿
紀州雑賀崎灰干しさんま
奥飛騨山之村寒干し大根
利島特産 食用つばき油
仙台みそ
檜山納豆
別府産乾しいたけ
出雲の菜種油
鴨方手延べそうめん
伊勢たくあん
薩摩菓子 軽羹
五島手延うどん(国内産小麦使用)
小城羊羹(切り羊羹)
焙炉式八女茶
雲州平田の生姜糖(出西生姜糖)
吉野本葛(吉野葛)
深蒸し掛川茶
越前の御雲丹(越前仕立て汐雲丹、粉雲丹)
昆布森の棹前昆布
[本場の本物]の公募
産地探訪・冊子
お問い合せ先
食品産業センターへ
トップへ戻る
 
江戸期からの伝統製法による表面のシャリ感が風雅な口当たり。小城羊羹(切り羊羹)
ここが本物
佐賀県小城市
佐賀県の羊羹購入額は日本トップクラス。当地では、明治初年から煉り羊羹づくりが始まり、戦前には海外へも。町の本通りには、多数の羊羹店が集まっています。
本物のゆえんと魅力
写真羊羹の町として有名な佐賀県小城市で、村岡総本舗は明治32年創業という中心的な老舗で、店隣に羊羹資料館を開設しているほど。まず、「小城羊羹(切り羊羹)」の分類は煉り羊羹で、砂糖・寒天・小豆や手亡などの豆類を原料としています。添加物など一切なく素材の質ができあがりに影響するため、「材料に勝る技術なし」を信条に足で確かめ、それぞれ良質のものを確保。厳選した北海道産の豆類や長野県茅野産の角寒天など、砂糖は羊羹に適した結晶の大きな純粋な白双糖(はくざらとう)を用いています。
「小城羊羹(切り羊羹)」の最大の特色は、昔ながらの伝統製法にあり、「切り羊羹」という名称に反映されています。煉り上げた生地を木箱に移して固め、一本ずつ寸法に合わせて包丁で切り分けるという製法。これにより、表面には砂糖の結晶ができてシャリ感がうまれ、中はしっとり滑らかな口当たりの妙が味わえます。切り分けられた羊羹は、すぐさま昔ながらの竹皮と経木で包装され、自然に寄りそう日本文化の趣を添えています。
本物を育てた歴史と背景
小城羊羹のふるさと小城は、江戸時代、長崎街道沿いにあって肥前国小城藩の城下町。鎖国政策のもと長崎出島で陸揚げされた砂糖が長崎街道(長崎〜佐賀〜福岡小倉)などを経由して京都・大坂・江戸へと運ばれていたことで、砂糖が入手しやすく人と物資が行き交う土地柄でした。また北部にそびえる天山山系を水源として良水に恵まれ、佐賀平野で穀物も豊かに実ることなどから煉り羊羹作りが盛んになったとされています。
小城で煉り羊羹作りが始まったのは明治初期から。大正時代後期には、電動煉り機蒸気釜が導入されて羊羹の製造量がイッキに拡大。軍隊の酒保(売店)で喜ばれことから、戦前には満州(中国東北部)やジャワ(インドネシア)へも販路を広げ、有名になりました。
 名称は、他地域の羊羹と差別化するため昭和27(1952)年に,小城羊羹協同組合が「小城羊羹」と地名を冠し、現在に至っています。「切り羊羹」については、現在主流のアルミケースの袋詰めに切り換わる前の切り分け工程を要する小城羊羹であることを示しています。
株式会社村岡総本舗:TEL. 0952-72-2131