本場の本物ロゴ
「本場の本物」とは
認定までの流れ
現在の認定品目

沖縄黒糖
鹿児島の壷造り黒酢
小豆島佃煮
足柄茶
草加せんべい
奥久慈凍みこんにゃく
大豊の碁石茶
小豆島桶仕込醤油
船橋三番背海苔
小豆島オリーブオイル
伊勢本かぶせ茶
沖ヶ浜田の黒糖
枕崎鰹節の本枯節
市房漬
三河産大豆の八丁味噌
山形の漬物
土佐黒潮天日塩
堂上蜂屋柿
市房漬のきりしぐれ
雲仙こぶ高菜漬
佐賀関くろめ醤油味付
鳥取砂丘らっきょう
松江の炭火あご野焼き
飛騨・高原山椒
沖縄そば(茹麺)
相知高菜漬
東出雲のまる畑ほし柿
紀州雑賀崎灰干しさんま
奥飛騨山之村寒干し大根
利島特産 食用つばき油
仙台みそ
檜山納豆
別府産乾しいたけ
出雲の菜種油
鴨方手延べそうめん
伊勢たくあん
薩摩菓子 軽羹
五島手延うどん(国内産小麦使用)
小城羊羹(切り羊羹)
焙炉式八女茶
雲州平田の生姜糖(出西生姜糖)
吉野本葛(吉野葛)
深蒸し掛川茶
越前の御雲丹(越前仕立て汐雲丹、粉雲丹)
昆布森の棹前昆布
[本場の本物]の公募
産地探訪・冊子
お問い合せ先
食品産業センターへ
トップへ戻る
 
薩摩の「殿さま菓子」として受け継がれてきた伝統銘菓。薩摩菓子 軽羹
ここが本物
鹿児島県鹿児島市
かつて「軽羹」は、薩摩藩が諸藩への進物やもてなしにつかった御用菓子でした。特産の自然薯を主原料にしており、鹿児島の歴史や食文化と深く結びついています。
本物のゆえんと魅力
写真鹿児島では「軽羹」は「殿さま菓子」と呼ばれ、かつては薩摩藩の御用菓子。庶民が口にすることはできませんでした。
潔い白さが印象的な「軽羹」の原料は、自然薯と米粉・砂糖のみ。添加物は一切加えていません。自然薯とは、山野で自生する天然の山イモのこと。鹿児島県と宮崎県(旧薩摩藩地域)の雑木林に分け入って掘りあてた自然薯を入手しています。火山灰性によるミネラルを豊富に含むシラス台地で育った自然薯は、畑で栽培された山イモに比べて粘り気が非常に強く、かつ風味よく、軽羹の味の決め手となっているのです。米は、国産米。その年の出来栄えを考慮して産地・品種を選定のうえで、入手し、自社で製粉。砂糖は、軽羹の風味に影響がなく雑味がでないものを厳選しています。「軽羹」は、自然薯をすりおろして、米粉と砂糖を混ぜて蒸し上げた菓子。原料の配合割合などは、代々にわたって限られた職人に伝承されてきました。薩摩の名君と歴史、風土の特産品が生んだ鹿児島銘菓として、全国に名を馳せています。
本物を育てた歴史と背景
現代に続く「軽羹」の始まりは、幕末から。薩摩藩主島津斉彬(しまづなりあきら)公(島津氏第28代当主)が参勤交代で江戸滞在の折りに、江戸で製菓業を営んでいた播州明石出身の八島六兵衛を藩の御用菓子職人として、国元に連れ帰ったことによります。ときに安政元(1854)年。六兵衛は、藩の格にふさわしい献上・接待菓子の考案を命じられていたところ、薩摩の良質な自然薯と米および奄美大島などから他藩と比べて豊富な砂糖を入手できたことに着目して、これらを用いた蒸し菓子「軽羹」をつくり出し、高い評判を得ました。また、原材料調達の背景には、斉彬公が興した集成館事業(当時としては画期的な西洋技術の導入による近代産業化計画)の一環で水車館がつくられ、砂糖精製・製粉の画期的な技術改良により増産が進んだことがあげられます。明石屋菓子店は、160余年を数える老舗で、伝統製法にのっとって格式伝える軽羹を作り続けています。
合名会社明石屋菓子店:TEL 099-226-0431