本場の本物ロゴ
「本場の本物」とは
認定までの流れ
現在の認定品目

沖縄黒糖
鹿児島の壷造り黒酢
小豆島佃煮
足柄茶
草加せんべい
奥久慈凍みこんにゃく
大豊の碁石茶
小豆島桶仕込醤油
船橋三番背海苔
小豆島オリーブオイル
伊勢本かぶせ茶
沖ヶ浜田の黒糖
枕崎鰹節の本枯節
市房漬
三河産大豆の八丁味噌
山形の漬物
土佐黒潮天日塩
堂上蜂屋柿
市房漬のきりしぐれ
雲仙こぶ高菜漬
佐賀関くろめ醤油味付
鳥取砂丘らっきょう
松江の炭火あご野焼き
飛騨・高原山椒
沖縄そば(茹麺)
相知高菜漬
東出雲のまる畑ほし柿
紀州雑賀崎灰干しさんま
奥飛騨山之村寒干し大根
利島特産 食用つばき油
仙台みそ
檜山納豆
別府産乾しいたけ
出雲の菜種油
鴨方手延べそうめん
伊勢たくあん
薩摩菓子 軽羹
五島手延うどん(国内産小麦使用)
小城羊羹(切り羊羹)
焙炉式八女茶
雲州平田の生姜糖(出西生姜糖)
吉野本葛(吉野葛)
深蒸し掛川茶
越前の御雲丹(越前仕立て汐雲丹、粉雲丹)
昆布森の棹前昆布
[本場の本物]の公募
産地探訪・冊子
お問い合せ先
食品産業センターへ
トップへ戻る
 
「お伊勢参り」で有名になった天日干しでうま味凝縮の名物たくあん。伊勢たくあん
ここが本物
三重県伊勢地方
三重県東部に広がる伊勢平野を中心とした伊勢地方が本場。広義では、三重県内で収穫された大根を使った三重県内の製造所を含めます。
本物のゆえんと魅力
写真「伊勢たくあん」の原料は、三重県産の「御薗(みその)大根」のみ。これは、昭和初期に伊勢地方で伝統的に栽培されていた品種をもとに、三重県農業試験場がたくあん専用に改良した白首品種です。「繊維質が豊富で、干すと甘味が増す、パリッと歯ごたえがよい」「肩までの全体が美しい黄金色に仕上がる」「太さも十分で55センチと長いので、漬物にむいている」のが特色となっています。製造の手順は、収穫された御薗大根を約2週間の天日干し作業へ。当地の強い季節風「伊勢おろし」による乾燥で水分が抜けて甘味が増した段階で、米ぬか・食塩・柿の皮・なすの葉・唐辛子などを用いて、漬け込みを行います。漬け込み後は、約10カ月(古漬けでは2年ほど)常温で発酵熟成させます。乳酸菌の力を借りて発酵させていくのが特色であり、これによって旨味と酸味がほどよい絶妙な食味が生まれるのです。自然の酸味や旨味をもつ本物の漬物「伊勢たくあん」は、植物性の乳酸菌が多く含まれ、生きたまま腸にとどいて腸内環境を整えてくれるのもうれしいところです。本物を育てた歴史と背景
伊勢といえば、「伊勢神宮」。当地の名物のひとつが「伊勢たくあん」です。江戸時代の後期、伊勢市周辺の旧豊浜村でたくあんづくりが農家の副業として盛んになって、近隣へ売り歩くように。さらに、明治32年に関西本線や参宮鉄道の開通を契機として、関西方面で大人気となりました。また、お伊勢参りで口にした参拝者たちから「伊勢に、酸味があって旨いたくわんあり」との評判が全国に広まっていきました。昭和30年代には関西市場での漬物出荷量の約50%以上を占めて最盛期を迎えましたが、昭和40年代に食品添加物騒動のあおりをうけて消費が減退。「このままでは、伊勢たくあんの存続が危ない」と三重県漬物協同組合と御薗大根栽培研究会で、御薗大根の復活のために安定的な商品化が可能な漬物業者を検討していました。そこへ「昔、たべておいしかった、伊勢たくわん」への要望を受けた漬物業者が出会い、両者の方向が一致したことで、平成19年に「伊勢たくあん」の規定を決めて生産を開始。伊勢神宮の門前町での店舗販売も好評で、全国的なPR計画を進めています。
三重県漬物協同組合:TEL. 0598-42-4767