本場の本物ロゴ
「本場の本物」とは
認定までの流れ
現在の認定品目

沖縄黒糖
鹿児島の壷造り黒酢
小豆島佃煮
足柄茶
草加せんべい
奥久慈凍みこんにゃく
大豊の碁石茶
小豆島桶仕込醤油
船橋三番背海苔
小豆島オリーブオイル
伊勢本かぶせ茶
沖ヶ浜田の黒糖
枕崎鰹節の本枯節
市房漬
三河産大豆の八丁味噌
山形の漬物
土佐黒潮天日塩
堂上蜂屋柿
市房漬のきりしぐれ
雲仙こぶ高菜漬
佐賀関くろめ醤油味付
鳥取砂丘らっきょう
松江の炭火あご野焼き
飛騨・高原山椒
沖縄そば(茹麺)
相知高菜漬
東出雲のまる畑ほし柿
紀州雑賀崎灰干しさんま
奥飛騨山之村寒干し大根
利島特産 食用つばき油
仙台みそ
檜山納豆
別府産乾しいたけ
出雲の菜種油
鴨方手延べそうめん
伊勢たくあん
薩摩菓子 軽羹
五島手延うどん(国内産小麦使用)
小城羊羹(切り羊羹)
焙炉式八女茶
雲州平田の生姜糖(出西生姜糖)
吉野本葛(吉野葛)
深蒸し掛川茶
越前の御雲丹(越前仕立て汐雲丹、粉雲丹)
昆布森の棹前昆布
[本場の本物]の公募
産地探訪・冊子
お問い合せ先
食品産業センターへ
トップへ戻る
 
昔ながらの足踏みと手延べから生まれる最高級そうめん。鴨方(かもがた)手延べそうめん
ここが本物
岡山県浅口市鴨方町
古くから、岡山県浅口市鴨方町と周辺部では、手延べそうめんがつくられ「鴨方手延べそうめん」と、広く親しまれていました。現在は、当地の小麦生産量が減少し、北海道産小麦を使っています。
本物のゆえんと魅力
写真「鴨方手延べそうめん」の特色は、しっかりしたコシ・歯切れのよさ・なめらかさであり、これらはこだわりの原料と足踏みと手延べの伝統製法によって生み出されています。
現在、原料の小麦は当地では栽培されておらず、「鴨方手延べそうめん」には麺の延びやコシにかかわる良質たんぱく(グルテン)にすぐれた北海道産小麦を使用しています。塩は地元岡山のミネラル豊富な天然塩。水は素材の味が引きたつ活性処理水を利用しています。製造は、冬場のみ。小麦粉に食塩水を混ぜて足で踏んで大きな円にすることから始まります。この生地を、約15cm幅の渦巻き状に切りこんで太い棒のようにしたあと、熟成を見極めては引き延ばしを繰り返し、直径1mmほどの細いそうめんに仕上げていくのです。
とく最終段階で行われる2本の木箸で麺をさばいて延ばす門干(かどほ)しの工程では「麺と対話しながら、気持ちよく麺に延びてもらう」と、より美味しいそうめんができあがるとか。機械による切断ではない伝統製法ならではの引き延ばしによる食感や無添加の安心感も、大きな魅力となっています。
本物を育てた歴史と背景
岡山県浅口市鴨方町は、かつての吉備の国(古代の地名)。約1000年前の平安時代末期に、当地で「麦切」と呼ばれる麺の一種がつくられており、これを朝廷に献上したと伝えられています。その後、麺づくりが発展したのは、江戸時代後期すでに麺の名産地だった播州(現在の兵庫県)から熟練の職人を呼び寄せて技術を学んだのが契機とされています。
鴨方で手延べそうめんが盛んになった理由は、そうめんづくりの好条件に恵まれていたから。@稲の裏作の小麦の生育に適した温暖で少雨という気候であること。A鴨方の清らかな水が良質な小麦栽培と製麺業に適していたこと。Bミネラルたっぷりな天然塩が瀬戸内海沿岸で生産されていたためです。そのような背景から、明治時代以降は岡山県浅口市鴨方町およびその周辺は、兵庫県の播州地方・香川県の小豆島と並んで、そうめんの瀬戸内3大特産地に成長。当時の麺は、手延べ方式によるそうめん製造だったため、地名を冠して「鴨方手延べそうめん」と呼ばれて、古くから多くの人々に親しまれてきたのです。
株式会社奥島手延素麺工場:TEL. 0865-44-0506