本場の本物ロゴ
「本場の本物」とは
認定までの流れ
現在の認定品目

沖縄黒糖
鹿児島の壷造り黒酢
小豆島佃煮
足柄茶
草加せんべい
奥久慈凍みこんにゃく
大豊の碁石茶
小豆島桶仕込醤油
船橋三番背海苔
小豆島オリーブオイル
伊勢本かぶせ茶
沖ヶ浜田の黒糖
枕崎鰹節の本枯節
市房漬
三河産大豆の八丁味噌
山形の漬物
土佐黒潮天日塩
堂上蜂屋柿
市房漬のきりしぐれ
雲仙こぶ高菜漬
佐賀関くろめ醤油味付
鳥取砂丘らっきょう
松江の炭火あご野焼き
飛騨・高原山椒
沖縄そば(茹麺)
相知高菜漬
東出雲のまる畑ほし柿
紀州雑賀崎灰干しさんま
奥飛騨山之村寒干し大根
利島特産 食用つばき油
仙台みそ
檜山納豆
別府産乾しいたけ
出雲の菜種油
鴨方手延べそうめん
伊勢たくあん
薩摩菓子 軽羹
五島手延うどん(国内産小麦使用)
小城羊羹(切り羊羹)
焙炉式八女茶
雲州平田の生姜糖(出西生姜糖)
吉野本葛(吉野葛)
深蒸し掛川茶
越前の御雲丹(越前仕立て汐雲丹、粉雲丹)
昆布森の棹前昆布
[本場の本物]の公募
産地探訪・冊子
お問い合せ先
食品産業センターへ
トップへ戻る
 
凝縮した旨味に伸びる味 宮城県産大豆と米を使用 仙台みそ
ここが本物
宮城県。
宮城県味噌醤油工業協同組合の会員が、宮城県産の大豆と米を使用して製造したもの。
本物のゆえんと魅力
写真仙台みそは大豆の比率が他の地域産に比べて高いのが特徴です。これは昔から変わらない手法で、それが発酵・熟成することでふくよかな香りを生みます。味は濃いのですが、単に塩辛いのではなく、大豆の旨味成分が凝縮されているため使う量は少しですみます。味に伸びがあるからです。仙台みそは出汁(だし)いらずでみそ汁ができるといわれるのも、このためです。また、麹の割合が低いので甘さが抑えられ素材の味が引き立ちます。具材を変えれば、毎日違った味のみそ汁が楽しめます。甘さの勝った味噌ではこうはいきません。
仙台みその製法は、まず大豆と米を丹念に水で洗い、一晩ほど浸し漬けます。その大豆を煮るのでなく、釜で蒸し上げることで旨味を逃がさないのも特徴のひとつ。また。米も同様に蒸し、共に芯まで柔らかくし、蒸した米に種麹を混ぜ合わせ、米麹が完成します。そして、米麹に塩、冷却した蒸した大豆を混ぜ合わせ、擂り潰して発酵・熟成させます。発酵過程で天地返しをおこない、さらに発酵・熟成を進めます。仕込みはじめてから天然醸造で1年以上、夏を2回経過させて仙台みそは完成します。熟成した仙台みそは、冴えた赤色となり、特有の芳香を放ちます。
本物を育てた歴史と背景
仙台みそが注目されたのは江戸時代にさかのぼります。戦国武将として味噌を重視した藩祖伊達政宗は青葉城を築城した際、『御塩噌蔵』と呼ばれる大規模なみその醸造設備を設けました。この『御塩噌蔵』は日本で最初の味噌工場といわれています。また、江戸の藩邸でも『御塩噌蔵』を設け、みそ造りがおこなわれました。往時、米と塩は貴重な軍事物資でしたが、仙台みそはそれをふんだんに使った贅沢なみそで、分与を乞うものが多く、後に一般に払い下げられました。風味の良さが評判となり、仙台みそという名が江戸で有名になり、その後、赤味噌すべてを「仙台みそ」と称するほどになりました。
仙台みその原料配合は、ほとんどの味噌が多麹化し、甘口味噌となるなかで、現在も往時の配合を重視し、麹歩合は5歩〜7歩麹(大豆1に対して米0.5〜0.7(一般の味噌は大豆1に対して米1前後))を上限として造られています。
宮城県味噌醤油工業協同組合:TEL. 022-221-7371