本場の本物ロゴ
「本場の本物」とは
認定までの流れ
現在の認定品目

沖縄黒糖
鹿児島の壷造り黒酢
小豆島佃煮
足柄茶
草加せんべい
奥久慈凍みこんにゃく
大豊の碁石茶
小豆島桶仕込醤油
船橋三番背海苔
小豆島オリーブオイル
伊勢本かぶせ茶
沖ヶ浜田の黒糖
枕崎鰹節の本枯節
市房漬
三河産大豆の八丁味噌
山形の漬物
土佐黒潮天日塩
堂上蜂屋柿
市房漬のきりしぐれ
雲仙こぶ高菜漬
佐賀関くろめ醤油味付
鳥取砂丘らっきょう
松江の炭火あご野焼き
飛騨・高原山椒
沖縄そば(茹麺)
相知高菜漬
東出雲のまる畑ほし柿
紀州雑賀崎灰干しさんま
奥飛騨山之村寒干し大根
利島特産 食用つばき油
仙台みそ
檜山納豆
別府産乾しいたけ
出雲の菜種油
鴨方手延べそうめん
伊勢たくあん
薩摩菓子 軽羹
五島手延うどん(国内産小麦使用)
小城羊羹(切り羊羹)
焙炉式八女茶
雲州平田の生姜糖(出西生姜糖)
吉野本葛(吉野葛)
深蒸し掛川茶
越前の御雲丹(越前仕立て汐雲丹、粉雲丹)
昆布森の棹前昆布
[本場の本物]の公募
産地探訪・冊子
お問い合せ先
食品産業センターへ
トップへ戻る
 
紀伊半島のさんま食文化を継ぐ灰干し乾燥で旨味が凝縮した無添加干物。 紀州雑賀崎(さいかざき)の灰干しさんま
ここが本物
和歌山県和歌山市雑賀崎(さいかざき)。
紀伊半島は、江戸時代からさんま食文化が続く地域。この歴史を背景に、和歌山市対岸の四国鳴門で発明された「灰干しわかめ」の「灰干し」という干物製法を魚に応用し、和歌山市雑賀崎地区で昔から親しんで食されたさんまを灰干し乾燥しています。
本物のゆえんと魅力
写真干物製法でよく知られる天日干しは、風や日光を利用し空気中で魚を乾燥させる方法。片や「灰干し」とは、高い吸湿性をもつ灰の中に水分を通すセロファンで包んだ魚を包み込み、空気と紫外線に触れさせず、余分な水分を抜いて魚を乾燥させていく特殊な製法です。空気と紫外線に触れないため天日干しよりも、脂の酸化=劣化をおさえ、旨みを凝縮させると同時に良質な脂を閉じ込めた新鮮な干物ができあがります。「灰干し」が最高級干物と評価されるゆえんは、ココにあります。
主原料のさんまは、9月中旬から10月上旬に、北海道根室沖でとれる最も脂がのったものを1年分仕入れて、冷凍保存。副原料の塩・火山灰もこだわりぬいて産地を選んでいます。製造は、自然解凍・開き作業に続き、塩漬け、火山灰で水分を抜く「灰干し」を数時間。これで、旨味が凝縮された「紀州雑賀崎の灰干しさんま」ができあがります。できあがった無添加干物は、紀州杉の間伐材を使った木箱に詰められ、県内外へ出荷されます。
本物を育てた歴史と背景
日本のさんま漁は、紀州熊野から発祥。江戸時代、紀州の漁師たちは毎年秋に群れ現われるさんまを、大量に水揚げしていました。そのため、熊野灘側では丸干しや寿司に使われ、紀伊水道側の雑賀崎地域では干物にして和歌山城の徳川家に献上し、また、塩漬けにして江戸に送っていたことが江戸時代の文献「俚言集覧」にも記述されています。現在も、さんま寿司や丸干しは、郷土の名物料理です。
和歌山県の雑賀崎で干物づくりに「灰干し」が始まったのは1960年代からですが、その技術は江戸時代に四国鳴門で発明された「灰干しわかめ」製法の応用によるもの。もともと当地近辺には白砂の美しい海岸が続き砂で魚を乾燥させる製法があったため「灰干し」製法を受け入れやすい素地があったのです。紀州のさんま食文化を背景に、昔から砂干しの技法を受け継ぐ雑賀崎の地名と、灰干し製法を合わせて「紀州雑賀崎の灰干しさんま」ができあがり、紀州の伝統食と生産者のこだわりが生んだ極上干物が評判になっています。
有限会社西出水産:TEL. 073-445-6282