本場の本物ロゴ
「本場の本物」とは
認定までの流れ
現在の認定品目

沖縄黒糖
鹿児島の壷造り黒酢
小豆島佃煮
足柄茶
草加せんべい
奥久慈凍みこんにゃく
大豊の碁石茶
小豆島桶仕込醤油
船橋三番背海苔
小豆島オリーブオイル
伊勢本かぶせ茶
沖ヶ浜田の黒糖
枕崎鰹節の本枯節
市房漬
三河産大豆の八丁味噌
山形の漬物
土佐黒潮天日塩
堂上蜂屋柿
市房漬のきりしぐれ
雲仙こぶ高菜漬
佐賀関くろめ醤油味付
鳥取砂丘らっきょう
松江の炭火あご野焼き
飛騨・高原山椒
沖縄そば
相知高菜漬
東出雲のまる畑ほし柿
紀州雑賀崎灰干しさんま
奥飛騨山之村寒干し大根
利島特産 食用つばき油
仙台みそ
檜山納豆
別府産乾しいたけ
出雲の菜種油
鴨方手延べそうめん
伊勢たくあん
薩摩菓子 軽羹
五島手延うどん(国内産小麦使用)
小城羊羹(切り羊羹)
焙炉式八女茶
雲州平田の生姜糖(出西生姜糖)
吉野本葛(吉野葛)
深蒸し掛川茶
越前の御雲丹(越前仕立て汐雲丹、粉雲丹)
昆布森の棹前昆布
[本場の本物]の公募
産地探訪・冊子
お問い合せ先
食品産業センターへ
トップへ戻る
 
沖縄料理の代表食「沖縄そば」は琉球王朝時代に起源をもつ固有の麺。 沖縄そば(茹麺)
ここが本物
沖縄本島 宮古島 石垣島 久米島。
沖縄で麺といえば「沖縄そば」のこと。「沖縄そば」は人口約142万の沖縄で1日約20万が食される「ふる里の味」であり、郷土の歴史や食文化と深く結びついています。
本物のゆえんと魅力
写真「沖縄そば」とは、小麦粉100%にかん水を加えてつくる沖縄固有の麺。原料と製法からは、中華麺グループに属します。「沖縄そば」は固さや形状が地域により異なることも特色で、沖縄本島の北部(名護中心)では固めの平麺、南部(那覇中心)ではややコシのある中型縮れ麺、宮古地方はやや縮れ細長麺、八重山地方(石垣島中心)では細長丸麺が、伝統的に好まれ製造されています。その地域特色により「名護そば」、「宮古そば」、「八重山そば」などの地名と特色を結び付ける名称でも流通しています。
原料の小麦粉は、沖縄そばに適した準強力粉。沖縄そばならではの製造工程に、「油まぶし」があります。茹でたあとの熱い麺に食油をまぶすことで、食油が麺の表面に皮膜をつくり、麺の保存性を高め、風味を保ちます。歯ごたえよく、弾力と風味が楽しめる「沖縄そば」、ダシは豚骨にかつおを合わせたあっさりした味わい、具の皮付き三枚肉も印象的です。とりまとめ団体では、沖縄県内で製造されたもの、小麦成分など11項目にわたり、沖縄そばの定義を定めて、味と技を守っています。
本物を育てた歴史と背景
起源は、「琉球交流史」(中国の史書)に、1534年に琉球王の四十九日供養に「粉湯(中国語で汁そばの意味)」を献上したとあるのが、沖縄そばの原形とされています。これが工夫を重ねて宮廷料理となり、明治時代には富裕層へ、第二次世界大戦後に沖縄がアメリカ統治下におかれてから庶民が食するようになりました。主原料の小麦粉が配給されるようになり、現金収入を得るために各地で麺がつくられるようになったからです。沖縄の人々は、この麺を「そば」または方言で「すば」と呼んで常食していました。
本土復帰4年後1976年に全国生めん類公正取引委員会から、蕎麦粉を使っていない沖縄そばを「そば」と表示するのは規約違反ではないかと指摘がありました。しかし、沖縄生麺協同組合は「そば」の呼称は伝統的・慣習的なものである旨を再三にわたって交渉し、その結果、全国で使用できる「本場 沖縄そば」の名称が1978年10月17日に正式認可され、現在では沖縄の麺「沖縄そば」として広く知られています。
沖縄生麺協同組合:TEL. 098-859-5855