本場の本物ロゴ
「本場の本物」とは
認定までの流れ
現在の認定品目

沖縄黒糖
鹿児島の壷造り黒酢
小豆島佃煮
足柄茶
草加せんべい
奥久慈凍みこんにゃく
大豊の碁石茶
小豆島桶仕込醤油
船橋三番背海苔
小豆島オリーブオイル
伊勢本かぶせ茶
沖ヶ浜田の黒糖
枕崎鰹節の本枯節
市房漬
三河産大豆の八丁味噌
山形の漬物
土佐黒潮天日塩
堂上蜂屋柿
市房漬のきりしぐれ
雲仙こぶ高菜漬
佐賀関くろめ醤油味付
鳥取砂丘らっきょう
松江の炭火あご野焼き
飛騨・高原山椒
沖縄そば(茹麺)
相知高菜漬
東出雲のまる畑ほし柿
紀州雑賀崎灰干しさんま
奥飛騨山之村寒干し大根
利島特産 食用つばき油
仙台みそ
檜山納豆
別府産乾しいたけ
出雲の菜種油
鴨方手延べそうめん
伊勢たくあん
薩摩菓子 軽羹
五島手延うどん(国内産小麦使用)
小城羊羹(切り羊羹)
焙炉式八女茶
雲州平田の生姜糖(出西生姜糖)
吉野本葛(吉野葛)
深蒸し掛川茶
越前の御雲丹(越前仕立て汐雲丹、粉雲丹)
昆布森の棹前昆布
[本場の本物]の公募
産地探訪・冊子
お問い合せ先
食品産業センターへ
トップへ戻る
 
関あじ、関さばを育んだ海から、生まれた漁村伝統の磯の風味。佐賀関くろめ醤油味付
ここが本物
大分県大分市佐賀関高島、関崎周辺の海域産の原料だけを使うため、本場は旧佐賀関町とします。
旧佐賀関町は、豊後水道に面した漁業盛んな町。この海域でとれる海藻「くろめ」は、他の産地のものより格段に美味で、昔から各家庭で「くろめ醤油漬け」を食していた歴史があります。
本物のゆえんと魅力
写真佐賀関といえば、身が引き締まって格段にうまいとされる関あじ・関さばの町として有名です。その同じ海域で捕れる海藻でコンブの仲間が「くろめ」であり、一般には「かじめ」と呼ばれます。他地域にも分布していますが、「生」のまま醤油漬けにして、食べているのは全国でも佐賀関地区だけ。また、潮の流れが速く、海の栄養が豊富という、豊後水道海域の特別の恵みを受けて、他の産地のものと比べて、佐賀関産は肉厚で、風味豊か、味わいの特色である粘りも強く、格段においしいとされます。漁期が1月中旬から3月中旬までと限定され、この時期は、やわらかな新芽がのびるため、えぐみが少なく、粘りも強く最もおいしくなります。漁期に採取された「くろめ」を細かく刻んで冷凍することで、鮮度を保ったまま長期保存が可能となり、自然解凍することで「佐賀関くろめ醤油味付」は通年製造することができるのです。昔ながらの製法と食文化を伝承するため、原料は佐賀関産の「くろめ」だけを使用し、防腐剤などの添加物は加えていない安心な磯の幸です。本物を育てた歴史と背景
豊後水道沿岸の漁村では「くろめ」採取の歴史が古くからあり、江戸時代には凶作時の補い食とされていた記録があります。その生活文化を受けて、同地域で食べられている定番料理に「くろめ醤油漬け」=刻んだくろめに醤油などを加えて各家庭それぞれの味で食べているものがあります。この郷土料理を、昔ながらの製法を継承しつつ、地域外の人にも食べやすいように調味料の配合を調整し、保存料を使わない保存法を研究してできあがったのが「佐賀関くろめ醤油味付」です。作り方は、棒状に巻かれたくろめを千切りにして、さらに細く刻んだものに、醤油・みりん・かつおぶし・ごまを加えて、粘り具合を確認しながらよく混ぜあわせます。つまり、刻みくろめに調味料だけを加えるだけの「生もの」であり、だからこそ「くろめ」そのもの味の良さが引き立っています。
佐賀関加工グループ:TEL. 097-575-0825