本場の本物ロゴ
「本場の本物」とは
認定までの流れ
現在の認定品目

沖縄黒糖
鹿児島の壷造り黒酢
小豆島佃煮
足柄茶
草加せんべい
奥久慈凍みこんにゃく
大豊の碁石茶
小豆島桶仕込醤油
船橋三番背海苔
小豆島オリーブオイル
伊勢本かぶせ茶
沖ヶ浜田の黒糖
枕崎鰹節の本枯節
市房漬
三河産大豆の八丁味噌
山形の漬物
土佐黒潮天日塩
堂上蜂屋柿
市房漬のきりしぐれ
雲仙こぶ高菜漬
佐賀関くろめ醤油味付
鳥取砂丘らっきょう
松江の炭火あご野焼き
飛騨・高原山椒
沖縄そば(茹麺)
相知高菜漬
東出雲のまる畑ほし柿
紀州雑賀崎灰干しさんま
奥飛騨山之村寒干し大根
利島特産 食用つばき油
仙台みそ
檜山納豆
別府産乾しいたけ
出雲の菜種油
鴨方手延べそうめん
伊勢たくあん
薩摩菓子 軽羹
五島手延うどん(国内産小麦使用)
小城羊羹(切り羊羹)
焙炉式八女茶
雲州平田の生姜糖(出西生姜糖)
吉野本葛(吉野葛)
深蒸し掛川茶
越前の御雲丹(越前仕立て汐雲丹、粉雲丹)
昆布森の棹前昆布
[本場の本物]の公募
産地探訪・冊子
お問い合せ先
食品産業センターへ
トップへ戻る
 
信長、秀吉、家康も味わった千年の伝統をもつ干し柿の極上品。堂上蜂屋柿(どうじょうはちやがき)
ここが本物
岐阜県美濃加茂市蜂屋町一帯。
岐阜県南部に位置する美濃加茂市は、冬の晴天率が高く、奥美濃で雪を降らせた乾風が吹き下ろしてくるため、秋に収穫した柿を干しあげるのに適した気候風土です。
本物のゆえんと魅力
写真堂上蜂屋柿は渋柿のうち最も大ぶりで干柿に適したもの。干柿も柿の種類や製法により各地にさまざまなものがありますが、平安時代から続く歴史的価値、天皇や歴代の将軍への献上品であったこと、独自の伝統製法、見事な大ぶりさ、品のよい甘味、あめ色の美しさや食感などから、干柿の極上品と評されています。栽培は、全て美濃加茂市の蜂屋町が原産となる「堂上蜂屋」の保存木を接木したものから行っています。摘らい・摘果により、より大玉に結実させるため1枝に1果で実が充実するように育てるなど、栽培にも技術と手間を要します。収穫した柿は、追熟、皮むき、かげ干し、天日干しで約40日の工程を経てできあがり。甘みを引き出すために1個ずつ手もみしたり小さいワラの箒で表面を掃いたりの作業を行うことで、65度もの糖度に仕上がっていきます。生産加工に手間がかかり大量生産できない貴重品であり、殿様が舌鼓を打った美味として人気が高い干柿です。本物を育てた歴史と背景
堂上蜂屋柿の歴史は、1000年以上。平安時代には朝廷に干柿を献上した記録が残っています。その後も、甘くて立派な干柿は信長、秀吉、家康と徳川代々の将軍に献上され続けました。堂上とは朝廷への昇殿を許された格をもつという意味で、これにより蜂屋村の干柿の名前が堂上蜂谷柿と称されるようになりました。1904(明治37)年セントルイス万博では金牌を獲得し、世界がその価値を認めました。それほどの干柿も、砂糖の普及などで途絶えかけてしまいました。昭和5年に村瀬俊雄さんが、再び堂上蜂屋柿を作りをはじめ、昭和52年には蜂屋柿振興会が発足し、美濃加茂市の特産品として復活しました。2007年には食の世界遺産として知られる「味の箱船」(主催/全世界を対象とする本部イタリアのスローフードプロジェクト)に認定され、ますます注目を集めています。
美濃加茂市堂上蜂屋柿振興会:TEL. 0574-28-1133