本場の本物ロゴ
「本場の本物」とは
認定までの流れ
現在の認定品目

沖縄黒糖
鹿児島の壷造り黒酢
小豆島佃煮
足柄茶
草加せんべい
奥久慈凍みこんにゃく
大豊の碁石茶
小豆島桶仕込醤油
船橋三番背海苔
小豆島オリーブオイル
伊勢本かぶせ茶
沖ヶ浜田の黒糖
枕崎鰹節の本枯節
市房漬
三河産大豆の八丁味噌
山形の漬物
土佐黒潮天日塩
堂上蜂屋柿
市房漬のきりしぐれ
雲仙こぶ高菜漬
佐賀関くろめ醤油味付
鳥取砂丘らっきょう
松江の炭火あご野焼き
飛騨・高原山椒
沖縄そば(茹麺)
相知高菜漬
東出雲のまる畑ほし柿
紀州雑賀崎灰干しさんま
奥飛騨山之村寒干し大根
利島特産 食用つばき油
仙台みそ
檜山納豆
別府産乾しいたけ
出雲の菜種油
鴨方手延べそうめん
伊勢たくあん
薩摩菓子 軽羹
五島手延うどん(国内産小麦使用)
小城羊羹(切り羊羹)
焙炉式八女茶
雲州平田の生姜糖(出西生姜糖)
吉野本葛(吉野葛)
深蒸し掛川茶
越前の御雲丹(越前仕立て汐雲丹、粉雲丹)
昆布森の棹前昆布
[本場の本物]の公募
産地探訪・冊子
お問い合せ先
食品産業センターへ
トップへ戻る
 
添加物なしの伝統製法、深い甘さと香りが魅力。 沖ヶ浜田の黒糖
ここが本物
種子島西之表市の沖ヶ浜田集落
種子島は鹿児島県の最南端から東シナ海43キロに浮かんでおり、沖ヶ浜田地区は島の北東海岸にあります。
本物のゆえんと魅力
写真日本でサトウキビが育つのは、鹿児島県の西南諸島と沖縄だけ。生育の適地は、年平均気温20度以上で、年間雨量1200〜2000ミリで、これは島の亜熱帯性風土の特色にほぼ一致して、種子島の特産作物となっています。
沖ヶ浜田の黒糖の原材料は、沖ヶ浜田集落で栽培されたサトウキビ100%、添加物は一切なしの安心な天然食品です。サトウキビの絞り汁を薪だけを燃料 に、3層の釜でじっくりと煮詰め、木製のかく拌機でかく拌し、冷やし固めてできあがるという昔ながらの伝統製法を守っています。
サトウキビの品種は黒糖の味に直接影響します。そのためほぼ全島で栽培される農林8号(島内栽培種の9割を占める)だけを使用した場合には、味の低下をまねくとし、とくに沖ヶ浜田地区ではNC、太経種、8号、17号など多品種を栽培してブレンドし、さらなる美味を追求しています。また、製糖期間もサトウキビの糖度が高くなる11月から3月までの季節に限定しています。サトウキビ農家の味へのこだわりと品質管理への努力により、沖ヶ浜田の黒糖は、 色・香りがよく、ミネラル豊富であるため深みを感じる甘さが特色です。
本物を育てた歴史と背景
種子島でサトウキビ栽培が始まったのは江戸後期にさしかかった文政年間1825年からと伝えられています。それから後、明治から昭和30年頃までの長い間、馬や水車を利用して圧搾したサトウキビの絞り汁を薪で煮詰めて、黒糖を作っていました。当時は大蔵省より製造許可を受けた番号があり、このため 沖ヶ浜田のサトウキビ栽培農家は、今でも31番組合および34番組合と称しています。つまり、過去60年間にわたって毎シーズン製糖作業を行ってきたことであり、現在においても、島内では沖ヶ浜田地区のサトウキビ栽培農家だけが機械化されていない手作りで黒糖を製糖しているのです。具体的には、自ら栽 培したサトウキビを手刈りでていねいに脱葉する収穫段階からこだわっています。機械で刈取ると残葉があり、味が落ちるためです。圧搾だけは電動圧搾機を使っ ていますが、品質に大きく影響する加熱・濃縮・かく拌の加減や切り上げのタイミングは全て熟練の経験によるもの、絞り汁を3番釜までに移し変え約10% まで濃縮させ、黒糖の純度と密度を高めていきます。品質に大きく影響する加熱時間や火加減やもいっさい計器を使用せず、人が技と心を込めて仕上げまで手 仕事で作られています。
沖ヶ浜田黒糖生産者組合:TEL. 0997-28-0240