本場の本物ロゴ
「本場の本物」とは
認定までの流れ
現在の認定品目

沖縄黒糖
鹿児島の壷造り黒酢
小豆島佃煮
足柄茶
草加せんべい
奥久慈凍みこんにゃく
大豊の碁石茶
小豆島桶仕込醤油
船橋三番背海苔
小豆島オリーブオイル
伊勢本かぶせ茶
沖ヶ浜田の黒糖
枕崎鰹節の本枯節
市房漬
三河産大豆の八丁味噌
山形の漬物
土佐黒潮天日塩
堂上蜂屋柿
市房漬のきりしぐれ
雲仙こぶ高菜漬
佐賀関くろめ醤油味付
鳥取砂丘らっきょう
松江の炭火あご野焼き
飛騨・高原山椒
沖縄そば(茹麺)
相知高菜漬
東出雲のまる畑ほし柿
紀州雑賀崎灰干しさんま
奥飛騨山之村寒干し大根
利島特産 食用つばき油
仙台みそ
檜山納豆
別府産乾しいたけ
出雲の菜種油
鴨方手延べそうめん
伊勢たくあん
薩摩菓子 軽羹
五島手延うどん(国内産小麦使用)
小城羊羹(切り羊羹)
焙炉式八女茶
雲州平田の生姜糖(出西生姜糖)
吉野本葛(吉野葛)
深蒸し掛川茶
越前の御雲丹(越前仕立て汐雲丹、粉雲丹)
昆布森の棹前昆布
[本場の本物]の公募
産地探訪・冊子
お問い合せ先
食品産業センターへ
トップへ戻る
 
摘み取り前の日光遮断で、香り高く、甘みも上品。伊勢本かぶせ茶
ここが本物
三重県北勢地域
いなべ市、菰野町、四日市市、鈴鹿市、亀山市にかけての山間地で、平均標高300mの鈴鹿山麓一帯のエリアです。
本物のゆえんと魅力
写真三重県は、静岡県、鹿児島県に次ぐ全国第3位のお茶の生産面積・生産量を誇り、「伊勢茶」(三重県のお茶)の産地として広く知られています。とくに旨味と甘み豊富な「かぶせ茶」の生産量は、平成16年度1,290トンで全国1位となっています。
「伊勢本かぶせ茶」は伊勢茶の種類のひとつで、一定期間直射日光をさえぎる覆いをかぶせて製造する緑茶です。芽が出る前に直射日光をさえぎることで、緑茶のもつ成分に変化が起こります。旨味成分アテニンを一般の煎茶よりも多く含むようになり、香り高く、甘みある芳醇な味わいと、あざやかな水色(すいしょく)を生み出します。
とくにこの地域は、他の茶産地とは違って、一番茶と二番茶までしか葉の摘取りをしないので、樹勢の衰えがなく、葉肉も厚くなり、芳醇でおいしいお茶が楽しめます。
また、全ての製品に生産履歴を表示。かぶせ茶の被覆期間(一番茶は14日以上、二番茶は7日以上<玉露も被覆栽培する緑茶ですが、被覆は20日前後>)、水分と全窒素(茶業界で一般的な品質指標:伊勢本かぶせ茶は、水分5%以下・全窒素5%以上<全窒素は旨味のもと>)などの表示による品質が保証されています。
本物を育てた歴史と背景
三重県のお茶の歴史は古く、1000年以上も前の平安時代にさかのぼります。四日市市水沢町の飯盛山浄林寺(現在は一乗寺)の住職である玄庵が、空海から唐伝来の製茶の教えを受け、茶の栽培を始めたのが起源と伝えられています。
この地が産地に発展したのは、「年間平均気温14度〜16度、年間降雨量1,400ミリ以上」というお茶の栽培に最適な土地であったからです。しかも、三重県北勢地区は、昼夜の温度差が大きく、鈴鹿川から朝霧が発生して、天然のカーテンとなり良質の茶が育ちます。水はけのよい礫質土壌であることも、品質のよい茶が育つ絶好の条件となっています。また、鈴鹿山麓一帯の標高300m強の高地にあることで、平地と比べて香気の強い原料ができあがります。
絶好の環境で育てられ、全て人手で覆いをかける「伊勢本かぶせ茶」は手間ひまと味のこだわりを持って生まれたお茶であり、全国茶品評会「かぶせ茶」部門で、何度も最高名誉の農林大臣賞を受賞しています。
三重茶農業協同組合:TEL. 0593-29-3121