本場の本物ロゴ
「本場の本物」とは
認定までの流れ
現在の認定品目

沖縄黒糖
鹿児島の壷造り黒酢
小豆島佃煮
足柄茶
草加せんべい
奥久慈凍みこんにゃく
大豊の碁石茶
小豆島桶仕込醤油
船橋三番背海苔
小豆島オリーブオイル
伊勢本かぶせ茶
沖ヶ浜田の黒糖
枕崎鰹節の本枯節
市房漬
三河産大豆の八丁味噌
山形の漬物
土佐黒潮天日塩
堂上蜂屋柿
市房漬のきりしぐれ
雲仙こぶ高菜漬
佐賀関くろめ醤油味付
鳥取砂丘らっきょう
松江の炭火あご野焼き
飛騨・高原山椒
沖縄そば(茹麺)
相知高菜漬
東出雲のまる畑ほし柿
紀州雑賀崎灰干しさんま
奥飛騨山之村寒干し大根
利島特産 食用つばき油
仙台みそ
檜山納豆
別府産乾しいたけ
出雲の菜種油
鴨方手延べそうめん
伊勢たくあん
薩摩菓子 軽羹
五島手延うどん(国内産小麦使用)
小城羊羹(切り羊羹)
焙炉式八女茶
雲州平田の生姜糖(出西生姜糖)
吉野本葛(吉野葛)
深蒸し掛川茶
越前の御雲丹(越前仕立て汐雲丹、粉雲丹)
昆布森の棹前昆布
[本場の本物]の公募
産地探訪・冊子
お問い合せ先
食品産業センターへ
トップへ戻る
 
日光街道の草加宿時代からの名物、堅焼きせんべい。草加せんべい
ここが本物
埼玉県草加市・八潮市・川口市・越谷市・鳩ヶ谷市
埼玉県の東南部、中川流域とその近辺。東京に隣接しながら水と緑が豊富なエリアです。
本物のゆえんと魅力
写真草加宿で生まれたから、草加せんべい。地元で収穫した米で作る米せんべいは、日光街道(奥州街道も宇都宮まで重なる)の宿場町として栄えた草加宿(草加市)で名物となり「草加せんべい」と呼ばれたことが名称の起こりでした。日本各地にはいろいろなせんべいがありますが、草加せんべいは米と醤油を使った堅焼きせんべいの代表。小麦と砂糖を原料にした甘口のものとは風味が全く異なります。
草加せんべいが作られるのは、平地と水に恵まれ、江戸時代からの水田地帯であった草加を含む中川流域。現在の「草加せんべい」は、せんべいに最適のうるち米を厳選使用して、熟練の技をもつ職人として認められた草加市伝統産業技師によって、ていねいに焼き上げられる(または管理される)ため、品質とお いしさが確保されています。バリバリっと砕ける食感と共に、醤油の香りが広がる素朴で懐かしいおいしさが魅力です。
本物を育てた歴史と背景
かつて草加宿の名物として作られ、明治〜大正時代に伝統技術を生かした地場産業として発展しました。さらに、近年はその人気に草加近辺で生産される米だけでは追いつかず、国内他地域の米も使われるようになりました。原料は国産うるち米100%、このうるち米を製粉して蒸し、練り、ついて生地を作ります。一般的な工程は生地を型抜きし、乾燥させ、白色透明で光沢ある生地に仕上げたものを、押し瓦か押し瓦式の機械を使って、適度な硬さにむらなく風味よく堅焼きして、 手焼きと同じ方法で作りあげています。
手焼き草加せんべいならではの製法が「押し瓦」と呼ばれる独特の道具を使うこと。「押し瓦」こそ、パリパリした硬めの食感と米の旨味を失わずに焼き上げ、同時に気泡でふくらんだり、熱で反りかえるせんべいの形を整えるための必需品です。伝統的な味わいが楽しめる醤油味、のり巻きなどが人気ですが、ザラメをつけたものや、イチゴ味やチョコレートがけなども登場してバリエーションが広まっています。
草加せんべい振興協議会(草加市役所産業振興課内):TEL. 048-922-0839