本場の本物ロゴ
「本場の本物」とは
認定までの流れ
現在の認定品目

沖縄黒糖
鹿児島の壷造り黒酢
小豆島佃煮
足柄茶
草加せんべい
奥久慈凍みこんにゃく
大豊の碁石茶
小豆島桶仕込醤油
船橋三番背海苔
小豆島オリーブオイル
伊勢本かぶせ茶
沖ヶ浜田の黒糖
枕崎鰹節の本枯節
市房漬
三河産大豆の八丁味噌
山形の漬物
土佐黒潮天日塩
堂上蜂屋柿
市房漬のきりしぐれ
雲仙こぶ高菜漬
佐賀関くろめ醤油味付
鳥取砂丘らっきょう
松江の炭火あご野焼き
飛騨・高原山椒
沖縄そば(茹麺)
相知高菜漬
東出雲のまる畑ほし柿
紀州雑賀崎灰干しさんま
奥飛騨山之村寒干し大根
利島特産 食用つばき油
仙台みそ
檜山納豆
別府産乾しいたけ
出雲の菜種油
鴨方手延べそうめん
伊勢たくあん
薩摩菓子 軽羹
五島手延うどん(国内産小麦使用)
小城羊羹(切り羊羹)
焙炉式八女茶
雲州平田の生姜糖(出西生姜糖)
吉野本葛(吉野葛)
深蒸し掛川茶
越前の御雲丹(越前仕立て汐雲丹、粉雲丹)
昆布森の棹前昆布
[本場の本物]の公募
産地探訪・冊子
お問い合せ先
食品産業センターへ
トップへ戻る
 
桜島を望む丘の壷で、江戸時代から作られる琥珀の酢。 鹿児島の壷造り黒酢
ここが本物
香川県小豆島一円
小豆島は153平方キロメートル、瀬戸内海で淡路島に次いで2番めに大きな島です。
本物のゆえんと魅力
写真小豆島は、温暖で雨の少ない気候であり昔から塩の産地でした。その塩を使って400年前には醤油造りが盛んになりました。醤油は日本4大産地のひとつとしても有名なもの。
その醤油造り400年以上、佃煮作り60年以上の伝統をもって、島の特産品となっているのが「小豆島佃煮」です。
最大の魅力は、懐かしい滋味あるおいしさであり、それが無添加で作られたものであること。無添加とは、化学調味料、合成保存料、合成着色料を全く使用していないわけで、自然のままの味わいが安心して楽しめます。おいしさの秘密は、味の決め手になる醤油が、一般に出回っているものと比べて、コクと香りがよく濃厚であること。本場の本物認証品については、すべて小豆島産の醤油を使用しますが、その中でもとくに佃煮に最適となる逸品を使っています。素材 についても、上質の醤油に負けない昆布、のりなど6品目が限定されています。小豆島佃煮60年の歴史において、良質な島の醤油を生かした佃煮のおいしさと品質は、全国的にも高い評価を得ています。
本物を育てた歴史と背景
小豆島の佃煮産業は、名産の醤油を活用した島の経済復興が目的でした。太平洋戦争後の昭和20年、食糧難の時代に甘蔗の葉を醤油で煮込んで作った佃煮を開発したのが始まりです。その後、製品は瀬戸内地域ののりや小魚をはじめ、全国各地の農林水産品を原料として多様化、ニーズにあわせて減塩製品なども登場。それら素材の個性を最大限に引き出すさまざまな製品を作り出ています。
現在は島で数百以上もあるとされる佃煮素材の中でも、本場の本物認証品は、30年以上にわたって使われ続けている昆布、のり、わかめ、しいたけ、おじゃこちりめん、きゃらぶきの6品目だけに厳選されています。とくに昆布については、はるか江戸時代に北海道から大阪に荷物を運ぶ北前船が小豆島に寄港 していたときから関わりがある素材で、とくに上質な肉厚のものが使われ、熟練の職人が少量をていねいに煮上げています。品質と安全性についてはとくに配慮し、熟練工による味覚テスト、生菌数・大腸菌検査のほか、製品に対しては金属探知機などによる異物検査も徹底的に実施しています。
小豆島調理食品工業協同組合(内海町役場産業観光課内):TEL. 0897-82-7007