JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報5866・生物的危害 ブドウ球菌 その他

データ
汚染菌の性状

Staphylococcus aureusは腐敗した団子からの、Salmonella Enteritidis O7は腐敗した牛肉からの分離菌

データ
防除技術と防除効果

S. aureusとSalmonella Enteritidisを、シトラール(MIC;0.8 μg/ml(以下同じ))、シンナムアルデヒド(0.4)または茶ポリフェノール(600)の1/2〜1/8濃度を含むtryptic soy brothで培養すると、バイオフィルム生成抑制効果が現れる。この条件で生成したバイオフィルムは殺菌剤の効果の2〜8倍増強される。

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 ブドウ球菌
Staphylococcus
aureus
strain No. ---
栄養細胞・胞子の別 栄養細胞
グラム分類 陽性
好気性・嫌気性 好気性菌
最適生育温度 中温菌
酵素名 ---
備考 通性嫌気性菌
データ
試験対象
対象 その他
備考 ポリエチレン製の組織培養用96穴プレートおよびステンレス鋼片
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 ---
その他の概要 ポリエチレン製の組織培養用96穴プレートに、MIC以下のシトラール、シンナムアルデヒドおよび茶ポリフェノールを含むtryptic soy brothで培養し、、バイオフィルムの生成量と、また、生成したバイオフィルムに対する殺菌剤の効果について検討している。
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 ポリエチレン製の組織培養用96穴プレートに、MIC以下のシトラール、シンナムアルデヒドおよび茶ポリフェノールを含むtryptic soy brothで培養し、、バイオフィルムの生成量と、また、生成したバイオフィルムに対する殺菌剤の効果について検討している。
初発の菌数 Staphylococcus aureusが0.1×104/ml tryptic soy brothとSalmonella Enteritidis O7が0.1×104/ml tryptic soy brothの混合物
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 食品由来Staphylococcus aureus とSalmonella Enteritidisによる混合バイオフィルムj形成に対するシトラール、桂皮アルデヒドおよび茶ポリフェノールの阻害効果
英文名 Inhibitory Effects of Citral, Cinnamaldehyde, and Tea Polyphenols on Mixed Biofilm Formation by Foodborne Staphylococcus aureus
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.77 No.6 (927–933)
掲載年 2014
著者 Zhang, Hongmei; Zhou, Wenyuan; Zhang, Wenyan; Yang, Anlin; Liu, Yanlan; Jiang, Yan; Huang, Shaosong; Su, Jianyu
発行機関 International Association for Food Protection


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |