JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報5862・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品

データ
食品における微生物汚染の実態

レタスの摂取が腸管出血性大腸菌O157:H7の大発生に関与した例がある。大腸菌O157:H7は生鮮野菜の2番目に重要な感染原因菌である。大腸菌O157:H7がどのような経路で生鮮野菜を汚染するかはわかっていないが、おそらく生産者の衛生意識の低さが原因であると考えられる。

データ
防除技術と防除効果

キトサンでのレタスの収穫前処理は大腸菌O157:H7および中温菌数をおおよそ百分の一に減少させた。また低温細菌は十分の一に減少した。一方、精油は効果が少なかった。

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 腸管出血性大腸菌O157
Escherichia
coli
strain No. O157:H7
栄養細胞・胞子の別 栄養細胞
グラム分類 陰性
好気性・嫌気性 好気性菌
最適生育温度 中温菌
酵素名 ---
備考 通性嫌気性菌
データ
試験対象
対象 食品
食品名
備考 レタス
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 加工・調理時
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 天然抗菌薬のレタスに対する収穫前使用の効果
初発の菌数 1×10^(4) cfu/mL
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 7-8℃×7日
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 10 g/Lのキトサンおよびティーツリー由来精油
予測D値 ---
備考 7-10 mlのキトサンまたは精油を収穫前の14、10、7、3日にスプレーした。その後湿度98%で7-8℃×7日保存した。回収菌数は無処理に比べて最大百分の一に減少した。
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) EMB 培地
増菌の条件(温度・時間) 37℃×24時間
備考 ---
データ
出典情報
文献名 レタスへの収穫前のキトサンとティーツリーの精油使用のレタス常在微生物叢と添加したEscherichia coli O157:H7の収穫後増殖への効果
英文名 Effect of Preharvest Application of Chitosan and Tea Tree Essential Oil on Postharvest Evolution of Lettuce Native Microflora an
雑誌名 Journal of Food Safety Vol.34 No.4 (353-360)
掲載年 2014
著者 M.G. Goñi, B. Tomadoni, S.I. Roura and M.R. Moreira
発行機関 Wiley Periodicals, Inc.


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |