JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報5798・生物的危害 小型球形ウィルス(ノロウィルス) 食品 惣菜

データ
食品における微生物汚染の実態

近年のノロウイルスによる食中毒は,調理従事者から直接的に,あるいは調理器具等を介して間接的に汚染を受けた食品を原因とする事例が多数を占めた。

データ
防除技術と防除効果

あらゆる食品にノロウイルス汚染のリスクがあり多種多様な食品からのウイルス検出法が必要とされた。

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 小型球形ウィルス(ノロウィルス)
---
norovirus
strain No. ---
栄養細胞・胞子の別 ---
グラム分類 ---
好気性・嫌気性 ---
最適生育温度 ---
酵素名 ---
備考 ノロウイルス
データ
試験対象
対象 食品
食品名 惣菜
備考 種々惣菜など79検体および拭き取り検体165検体
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 小売・バックヤード
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 ノロウイルスで汚染された検体からのRNAをRT-PCRを用いて高感度に検出する方法
初発の菌数 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 屠畜場に搬入された豚の糞便中におけるベロ毒素産生性大腸菌(VTEC)の分布と病原性関連因子保有状況調査
英文名 ---
雑誌名 日本食品微生物学会雑誌 Vol.19 No.1 (21‐26)
掲載年 2002
著者 成松浩志 小林貴広 世古庄太 後藤祐司 木元正一 尾形長彦 淵祐一 伊藤健一郎
発行機関 日本食品微生物学会


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |