JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報5696・生物的危害 培地

データ
汚染菌の性状

3℃に馴化したリステリア菌のpHや塩によるストレスでフィラメント形成をフローサイトメトリにより解析した。上位10%の長さの菌の長さは参照菌の長さの6.4?8.5倍となった。またpH6.0+4%NaClで増殖した菌の4%NaClで増殖した菌よりもフィラメント状態を維持していたが、増殖性は低かった。

データ
危害の種類

生物的危害

データ
試験対象
対象 培地
培地名 トリプチケースソイブロス
備考 ---
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 小売・バックヤード
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 菌数測定時の過小評価の原因となるリステリア菌のフィラメント化について、3℃に馴化した株を用いて、pHと塩のストレスの影響を測定
初発の菌数 4.5?5.0×106 CFU/ml
備考 ストレス条件は(1)ストレス無し,(2)4%NaCl,(3)pH6.0,(4)4%NaCl+pH6,(5)pH5.5,(6)pH8.5
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) トリプチケースソイブロス
増菌の条件(温度・時間) (7)3℃×4日,(8)3℃×12日
備考 log CFU/mlの増加は(1)(7)1.08,(2)(7)0.52,(3)(7)0.66,(4)(7)0.47,(5)(7)0.41,(6)(7)0.98,(1)(8)3.34,(2)(8)2.67,(3)(8)2.12,(4)(8)2.42,(5)(8)1.34,(6)(8)2.67
データ
出典情報
文献名 タマゴとサルモネラ,特に[Enteritidis]下痢症の現状
英文名 ---
雑誌名 日本食品微生物学会雑誌 Vol.10 No.4 (181‐184)
掲載年 1994
著者 村瀬稔
発行機関 日本食品微生物学会


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |