JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報5683・化学的危害 食品 水産加工品

データ
食品における微生物汚染の実態

赤身魚において多量のヒスタミンが蓄積されることがあり、様々な種のヒスタミン生成菌が分離される。

データ
危害の種類

化学的危害

データ
試験対象
対象 食品
食品名 水産加工品
備考 マグロソーセージ
データ
出典情報
文献名 液卵の細菌汚染状況
英文名 ---
雑誌名 日本食品微生物学会雑誌 Vol.9 No.2 (109‐112)
掲載年 1993
著者 大中隆史
発行機関 日本食品微生物学会


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |