JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報5660・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水

データ
食品における微生物汚染の実態

Alicyclobacillus acidoterrestisは、胞子を形成するため、最初の付着菌数が多いと、製造工程で取り除かれることが困難で、それが過熱を行った食品のなかでコンタミし、しばしば問題を引き起こす。

データ
汚染菌の性状

Alicyclobacillus acidoterrestisは高温性、低pH耐性のグラム陽性菌であり、運動性を持ち、胞子を形成する好気菌である。

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 その他(エルシニア、リステリア等を含む)
Alicyclobacillus
acidoterrestis
strain No. ---
栄養細胞・胞子の別 胞子
グラム分類 陽性
好気性・嫌気性 好気性菌
最適生育温度 高温菌
酵素名 ---
備考 ---
データ
試験対象
対象 食品
食品名 清涼飲料水
備考 オレンジジュース(濃縮果汁、濃縮還元果汁)
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 加工・調理時
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 濃縮果汁及び濃縮還元のオレンジ果汁に対し Alicyclobacillus acidoterrestisを接種
初発の菌数 104 cfu/ml
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 99℃, 1min, サポニン濃度は100mg/L - 500ml/について検討を行っている。
そのときの菌数 サポニン濃度500m/Lでは、オレンジ果汁中の本菌が120分以上で0になった。サポニン濃度200mg/Lの場合、120分後には0になったが、それより前の時間では差が認められた。。
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 食品の微生物学的安全性確保のための行政における“From Farm to Table¥″¥″ 東京都の対応
英文名 ---
雑誌名 日本食品微生物学会雑誌 Vol.15 No.1 (35‐40)
掲載年 1998
著者 鴻丸裕一
発行機関 日本食品微生物学会


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |