JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報5632・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品 食肉製品

データ
食品における微生物汚染の実態

生肉の腐敗の原因となるのは主にPseudomonas属菌であるが、Salmonella Typhimurium、Escherichia coli O157:H7、Listeria monocytogenes等による肉の品質低下も懸念されている。

データ
防除技術と防除効果

上記に加え殺菌後のE. coliの菌数:蒸留水10^(4.63) cfu/g、オゾン水10^(4.02) cfu/g、乳酸10^(3.66) cfu/g、乳酸カルシウム10^(3.59) cfu/g、次亜塩素酸10^(3.51) cfu/g、低濃度電解水10^(3.30) cfu/g、強酸電解水10^(3.12) cfu/g、電解水と乳酸カルシウムの混合10^(2.03) cfu/g

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 腸管出血性大腸菌O157
Escherichia
coli
strain No. O157:H7
栄養細胞・胞子の別 栄養細胞
グラム分類 陰性
好気性・嫌気性 好気性菌
最適生育温度 中温菌
酵素名 ---
備考 通性嫌気性菌
データ
試験対象
対象 食品
食品名 食肉製品
備考 豚肉
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 原料保管
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 UV照射で表面の菌を10 cfu/g以下にした豚肉にE. coli O157:H7及びL. monocytogenesを接種した後、各処理液(蒸留水、オゾン水、乳酸、乳酸カルシウム、次亜塩素酸、低濃度電解水、強酸電解水、電解水と乳酸カルシウムの混合)に浸し室温(23±2℃)で5分保存した。また、菌数測定及び官能検査により消費期限についても検証した。
初発の菌数 105 cfu/g
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 各処理液に浸し室温(23±2℃)で5分保存。
そのときの菌数 一般生菌数:蒸留水10^(4.31) cfu/g、オゾン水10^(3.83) cfu/g、乳酸10^(3.67) cfu/g、乳酸カルシウム10^(3.63) cfu/g、次亜塩素酸10^(3.57) cfu/g、低濃度電解水10^(3.33) cfu/g、強酸電解水10^(3.21) cfu/g、電解水と乳酸カルシウムの混合10^(2.41) cfu/g
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 殺菌後のリステリア数:蒸留水10^(4.58) cfu/g、オゾン水10^(3.99) cfu/g、乳酸10^(3.68) cfu/g、乳酸カルシウム10^(3.60) cfu/g、次亜塩素酸10^(3.46) cfu/g、低濃度電解水10^(3.25) cfu/g、強酸電解水10^(3.12) cfu/g、電解水と乳酸カルシウムの混合10^(1.90) cfu/g。
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 急増している腸炎ビブリオ食中毒について
英文名 ---
雑誌名 日本食品微生物学会雑誌 Vol.17 No.2 (101‐106)
掲載年 2000
著者 大友良光 大友良光
発行機関 日本食品微生物学会


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |