JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報5591・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品 清涼飲料水

データ
防除技術と防除効果

ニンジンジュースが対象の場合、Red3(100ppm)とHPPの組合せ処理では、Red3処理のみの場合と比べて1.0×10^(4.8)の滅菌数が確認でき、Red3濃度に応じた菌の減少が見られた。一方、七面鳥食品が対象の場合、組合せ処理において同様に1.0×10^(3.9)の滅菌数が確認できたが、濃度に応じていない一定の減少率であった。

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 腸管出血性大腸菌O157
Escherichia
coli
strain No. O157:H7
栄養細胞・胞子の別 栄養細胞
グラム分類 陰性
好気性・嫌気性 好気性菌
最適生育温度 中温菌
酵素名 ---
備考 通性嫌気性菌
データ
試験対象
対象 食品
食品名 清涼飲料水
備考 ニンジンジュース
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 加工・調理時
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 ニンジンジュースに菌を懸濁して、Red3染色液を濃度が0ppm、10ppm、50ppm、100ppmとなるように加えた。同時に、Red3に加えて500MPa、21〜25℃の条件で3分間HPP処理を行った菌液も作製し、37℃×48時間の培養後に菌数を比較した。
初発の菌数 1.0×10^(9.4)
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 37℃×48h
そのときの菌数 1.0×10^(2.0)
その他の殺菌条件 HPP処理(上記項目「30」に詳細記入)、Red3処理(100ppm)
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 フードシステムにおけるFD&C RED NO.3と高圧処理の組合せ技術による病原菌の失活化
英文名 Inactivation of pathogenic bacteria by FD&C Red no. 3 and high-pressure processing combination treatment in food systems
雑誌名 Journal of Food Safety Vol.31 No.4 (472-479)
掲載年 2011
著者 Joy G. Waite-Cusic and Ahmed E. Yousef
発行機関 Wiley-Blackwell


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |