JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報5456・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食品包装詰常温流通食品

データ
防除技術と防除効果

ガリアメロン断片は、人工的大気(7.4kPa酸素+7.4 kPa 二酸化炭素)の下でトレーにパックされ、5℃で10日間保存した。さらに1分の150mg/lの塩素(コントロール); 1分の80mg/lの過酢酸(PAA);オゾン殺菌された水(0.4mg/l)。それらの組み合わせ: 3分のオゾン殺菌された水+PAAおよびクリーン・ルームの中のパッケージングについても研究し、効果が高いことが判明した。

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 その他(エルシニア、リステリア等を含む)
---
---
strain No. ---
栄養細胞・胞子の別 栄養細胞
グラム分類 陰性
好気性・嫌気性 好気性菌
最適生育温度 中温菌
酵素名 ---
備考 腸内細菌科の菌
データ
試験対象
対象 食品
食品名 食品包装詰常温流通食品
備考 カットしたガリアメロン
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 小売・バックヤード
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 ガリアメロンの消毒法の検討
初発の菌数 1×10^(2)CFU/g
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 室温で1分
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 過酢酸: 80 mg/l、オゾン殺菌水: 0.4 mg/lで3分または5分処理、それらの組み合わせ
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) バイオレット?レッド胆汁酸ブドウ糖寒天培地
増菌の条件(温度・時間) 37℃×24時間
備考 ---
データ
出典情報
文献名 カットしたガリアメロンに殺菌剤を使用してクリーンルーム内で充填することによる微生物学的品質の改善効果
英文名 Emerging sanitizers and Clean Room packaging for improving the microbial quality of fresh-cut ‘Galia’ melon
雑誌名 Food Control Vol.21 No.6 (863-871)
掲載年 2010
著者 A.C. Silveira, E. Aguayo, F. Artés
発行機関 Concepción Vidal-Valverde


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |