JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報5443・生物的危害 食品 水産加工品

データ
危害の種類

生物的危害

データ
試験対象
対象 食品
食品名 水産加工品
備考 塩漬け前のタラ魚肉、水戻しした塩漬けタラ魚肉
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 加工・調理時
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 菌量の異なる溶液(1-6logCFU/mlの範囲で5系統)に25gのタラ切り身をそれぞれ浸漬させた後、塩漬け処理を行った。さらに、この塩漬けタラ魚肉を水戻しし、4℃または7℃で10日間冷蔵した。塩漬け前と水戻し後、冷蔵保存後のタラ魚肉中のL.innocuaの菌数を確認。
初発の菌数 "1)L.innocua 接種菌数(塩漬け前の菌数):1.0log CFU/g , 2)L.innocua 接種菌数(塩漬け前の菌数):1.7log CFU/g , 3)L.innocua 接種菌数(塩漬け前の菌数):2.7log CFU/g"
備考 塩漬け処理および水戻し後の菌数は接種時より1オーダー程度減少した。また、冷蔵条件下では菌数が増加していることが明らかとなった。
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 塩蔵時と水で戻した後冷蔵中のタラ(Gadus morhua L)筋肉内のリステリア菌(Listeria innocuaとListeria monocytogenes)の生存率 
英文名 Survival of Listeria innocua and Listeria monocytogenes in muscle of cod (Gadus morhua L.) during salt-curing and growth during
雑誌名 Food Control Vol.21 No.3 (292-297)
掲載年 2010
著者 Grete Lorentzen, Ragnar L. Olsen, Ingebrigt Bjørkevoll, Helene Mikkelsen, Taran Skjerdal
発行機関 Concepción Vidal-Valverde


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |