JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報5421・生物的危害 食品 食肉製品

データ
防除技術と防除効果

家庭風に煮込んだ七面鳥と店で購入した調理された七面鳥にリステリア菌を感染させ、4℃で8週間保管し菌の増殖確認を行った。その結果、アルギン酸コーティングし2.4%乳酸ナトリウムと0.3%ソルビン酸カリウムを添加したものが、最もリステリア菌の増殖抑制効果が認められた。

データ
危害の種類

生物的危害

データ
試験対象
対象 食品
食品名 食肉製品
備考 ---
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 小売・バックヤード
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 ---
初発の菌数 103 CFU/g
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 "ナイアシン、Novagard CB1, Guardian NR100, 乳酸ナトリウム、二酢酸ナトリウム、ソルビン酸カリウム"
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) Tryptic soy agar plus 0.6% yeast extract
増菌の条件(温度・時間) 35℃×24時間
備考 ---
データ
出典情報
文献名 茹で七面鳥と調理した七面鳥でのリステリア菌の増殖制御への活性アルギン酸コーティングの適用
英文名 Application of an active alginate coating to control the growth of Listeria monocytogenes on poached and deli turkey products
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.142 No.3 (302-308)
掲載年 2010
著者 Greg Juck, Hudaa Neetoo, Haiqiang Chen
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |