JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報5395・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品

データ
防除技術と防除効果

スポット状接種では、蒸留水乳酸で103/g、キトサンで104/g、その他の殺菌剤で105/g以上の、全体接種では、酸性亜塩素酸で10^(2.5)/g、その他の殺菌剤で10^(1.5)/gの殺菌効果が見られている。また、全体接種に対して酸性亜塩素酸処理後、キトサンで処理すると10^(3.9)/gの殺菌効果が得られている。

データ
危害の種類

生物的危害

データ
菌種
菌の俗称 腸管出血性大腸菌O157
Escherichia
coli
strain No. O157:H7
栄養細胞・胞子の別 栄養細胞
グラム分類 陰性
好気性・嫌気性 好気性菌
最適生育温度 中温菌
酵素名 ---
備考 通性嫌気性菌。4種類の0157:H7を混合して使用している。また、全てrifampicin耐性株である。
データ
試験対象
対象 食品
食品名
備考 トマト(cherry tomato)の表面に、全域(浸漬して接種)およびスポット状に接種した、大腸菌O157:H7に対する殺菌効果について検討している。
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 原料調達
その他の概要 トマト(cherry tomato)の表面に、全域(浸漬して接種)およびスポット状に接種した、大腸菌O157:H7に対する殺菌効果について検討している。
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 トマトの表面に大腸菌O157を浸漬することによる全体へ、またはスポット状に接種し、それを酸性亜塩素酸、有機酸、キトサンあるいは貝焼成カルシウム溶液で処理した後、生残菌数を調べることによりそれぞれの殺菌効果を試験している。
初発の菌数 全域(浸漬)接種では10^(6.8)/gトマト。スポット状での接種では10^(7.5)/gトマト。
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 室温×5分
そのときの菌数 全域(浸漬)接種では10^(6.8)/gトマト。スポット状での接種では10^(7.5)/gトマト。
その他の殺菌条件 殺菌剤として、蒸留水、0.1g/L次亜塩素酸ナトリウム、0.5または1.0g/L乳酸、1.0g/Lフィチン酸、0.5g/L酸性亜塩素酸ナトリウム(0.5g/L亜塩素酸ナトリウム+1.0g/L乳酸またはフィリン酸)、1.0g/Lキトサン溶液(1.0g/Lキトサン+0.5g/L乳酸)、1.0g/Lカキ殻焼成カルシウムおよび1.0g/Lクラム焼成カルシウムを使用して、室温で5分間、撹拌しながら殺菌操作を行っている。
予測D値 ---
備考 接種した50gのトマトを2.5Lの種々の殺菌剤にいれ、室温で5分間緩く撹拌している。
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 トマト表面の腸管出血性大腸菌O157:H7の制御に対する酸性亜塩素酸ナトリウムおよび他の殺菌剤の効果
英文名 Effectiveness of Acidified Sodium Chlorite and Other Sanitizers to Control Escherichia coli O157:H7 on Tomato Surfaces
雑誌名 Foodborne Pathogens and Disease Vol.7 No.6 (629-635)
掲載年 2010
著者 Inatsu Y Kitagawa T Bari M L Nei D Juneja V Kawamoto S
発行機関 Mary Ann Liebert, Inc


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |