JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報5238・生物的危害 その他

データ
危害の種類

生物的危害

データ
試験対象
対象 その他
備考 ステンレスを用いた食品関連機器、器具類
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 加工・調理時
その他の概要 ---
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 2.54×2.54cmステンレス片に培養液0.1mlを塗布し、毎日培地交換しながら4日間、湿度100%、20℃培養し、バイオフィルムを形成させた。100ml生理食塩水とともにボルテックス処理を2回行い、この懸濁液中の生菌数をトリプトソイ寒天培地(Difco)で計数した。
初発の菌数 7.31 log CFU/ml
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 超音波処理30秒および60秒で3.46 および.3.53 log CFU/ml。 0.25 - 1.0ppmオゾンで30-60秒処理で3.11 - 6.44 log CFU/ml。0.5ppmオゾンで60秒間超音波処理することにより菌は検出されなかった。
その他の殺菌条件 "200ml のリン酸緩衝液にバイオフィルムを形成させたステンレス片を入れ、30または60秒間の超音波処理を行った。 同様の試料を200ml の 0.25, 0.5 および 1.0 ppm オゾン/リン酸緩衝液に入れ30または60秒の処理をした。"
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) ---
備考 ---
データ
出典情報
文献名 超音波とオゾンの使用によるステンレスからのListeria monocytogenesバイオフィルムの除去
英文名 Removal of Listeria monocytogenes Biofilms from Stainless Steel by Use of Ultrasound and Ozone
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.72 No.6 (1306-1309)
掲載年 2009
著者 Baumann A R Martin S E Feng H
発行機関 International Association for Food Protection


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |