JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





危害情報5195・生物的危害 培地

データ
危害の種類

生物的危害

データ
試験対象
対象 培地
培地名 緩衝剤としてリン酸ナトリウムを含む栄養培地、pHは5.0?6.0、酢酸は0?0.4%、awは0.960?0.990の範囲
備考 ---
データ
試験の想定箇所
試験の想定箇所 加工・調理時
その他の概要 マヨネーズベースのサラダを想定
データ
試験条件とデータ(初発・生菌)
試験方法 pH、Awおよび酢酸の条件の異なる培地に菌を播種し、増殖の有無を確認して、接種菌量との関係のモデル化に使用
初発の菌数 2×105?1CFU/200μl
備考 ---
データ
試験条件とデータ(殺菌)
殺菌温度と殺菌時間 ---
そのときの菌数 ---
その他の殺菌条件 ---
予測D値 ---
備考 ---
データ
試験条件とデータ(増菌)
増菌の条件(培地名) ---
増菌の条件(温度・時間) 7℃×90日
備考 得られたデータを元に高密度増殖の有無の予測不適性の指標であるN値を、平方根型ロジスティック回帰解析に組み込んでモデル化を行った
データ
出典情報
文献名 pH、Aw、酢酸の関数としてのListeria monocytogenesの生育あるいは生育停止境界に対する播種レベルの影響のモデリング
英文名 Modelling the Influence of the Inoculation Level on the Growth/No Growth Interface of Listeria monocytogenes as a Function of pH
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.135 No.2 (83-89)
掲載年 2009
著者 Vermeulen A Gysemans K P M Bernaerts K Geeraerd A H Debevere J Devlieghere F Van Impe J F
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |